2019年度 就職率96.0% 8年ぶり低下も高水準を維持

キャリア支援センターより、2019年度卒業生の就職率(3月31日付)が発表された。就職率は2018年度から3.3ポイント減の96.0%と、8年ぶりに低下。一方で、学部を問わずIT業界への就職者数は増加を続けている。情報技術の発展に伴い、IT業界に対する学生の期待が高まった結果だ。


2019年度の就職希望者は1511人、そのうち96.0%(3.3ポイント減)に当たる1451人が就職した。また、文系学部では95.8%(3.5ポイント減)、理工学部では97.1%(2.0ポイント減)となった。

※( )は2018年度比




▼主な就職先

文系男子の最多は東京特別区Ⅰ類の8人。三菱電機ビルテクノサービスが7人、あいおいニッセイ同和損害保険が6人と続いた。文系女子はMS&AD事務サービスの7人が最多で、あいおいニッセイ同和損害保険、MS&ADシステムズ、三井住友信託銀行が各6人。また理工学部と大学院理工学研究科では、東京海上日動システムズ、本田技研工業が各5人。SUBARU、凸版印刷、東日本電信電話、三菱総研DCS、明治安田システム・テクノロジー、横河ソリューションサービスがそれぞれ4人だった。


2019年度は、文系全体で上昇傾向にあったサービス業界への就職が急激に増加。IT業界も引き続き緩やかに増加した。一方、例年上位を占めていた金融業界への就職人数は減少し、女子では2018年度から半減した。メガバンクの一般職を中心とした採用抑制が影響したと思われる。また、理系ではIT業界就職者数の増加と、製造業界への就職者数の減少が見られた。文理問わないIT業界の増加には、学生の業界への高い関心と期待がうかがえる。


▼就職活動全体の傾向

近年は「売り手市場」の傾向が続いている。これまで7年連続上昇していた大卒求人倍率は1.88倍から1.83倍に落ち込んだものの、10年卒以降で2番目の高さとなった。本学全体での就職率もわずかに低下傾向となったが、依然として高水準を維持している。リクルートワークス研究所によると、従業員規模別の大卒求人倍率は300人未満の企業(中小企業)で昨年の9.91倍から8.62倍、5000人以上では0.37倍から0.42倍に変化。近年拡大傾向であった従業員規模間の倍率差は転じて縮小した。


▼本年度の就職活動

本年度は新型コロナウイルスの影響により就職活動が一変。活動期間が長期化し、対面式の面接や説明会はオンラインのものへと姿を変えた。また、ANAグループの採用活動の一時中断や、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社であるユー・エス・ジェイの新卒採用中止など、就職活動に対する逆風は如実に表れている。しかし、現在就職活動に励んでいる本学女子学生(現代社会4)は、むしろメリットもあると語る。


彼女の考えるメリットは大きく三つ。学業と両立しやすいことと、金銭面の問題が軽減されたこと。そして、面接での自己アピール方法の幅が広がったことだ。オンライン面接であれば、課外活動での経験について、実際に使用した道具や制作したものを見せて話ができる。そのため、ただ話すよりも面接官に興味を持ってもらいやすい。モチベーションを保ちにくい、孤独を感じやすいといった難点もあるものの、従来とは異なるメリットを持った就職活動になっているようだ。


▼今後の就職活動

コロナ禍で進んだオンラインを活用した採用・就職活動は、今後主流となる可能性がある。また、昨今検討されている通年採用が本格化すれば、これまでの就職活動の在り方を見直す必要も出てくる。就職活動中、学生は他の人との違いや自身の将来に対して、多くの不安を感じやすい。そのような不安を解消するためには、積極的な行動に加え、自分にとって大事な情報を逃さないことが求められる。情報収集の手段は多様化し、学生の置かれる状況も変わった。インターネットや学外のエージェントを用いて情報を集める学生も増えている。しかし、方法を誤ると偏った情報ばかりが集まってしまう。周囲の人にも相談しながら、膨大な情報を見極めていく必要がある。(白川ゆり)

最新記事

すべて表示

武蔵野総合体育館 運動紹介動画を配信

自宅にいる時間が増え、運動不足に悩む学生も多いだろう。そのような人たちに向けて武蔵野総合体育館は、室内でできる運動をYouTubeで紹介している。動画について、武蔵野生涯学習振興事業団の川崎洋平さんに話を伺った。 「おうちで運動」シリーズは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請を機に配信を始めた動画だ。このシリーズでは「おとな向け」「こども向け」「幼児向け」の三つのカテゴリーを設定。それ

チームの絆を深める 成蹊レガッタ

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、今年の学内競漕大会(以下成蹊レガッタ)は開催中止となった。悪天候以外の原因による中止は今回が初めてだという。 レガッタとは、ボートを複数人でこいで行うレース競技のことだ。成蹊レガッタは男子・女子・混合の3部門に分かれており、5人一組でエントリーできる。例年約400人もの学生が参加する、本学を代表する行事の一つだ。 第1回大会はボート部の働き掛けにより、1

  • 成蹊大学新聞会公式ツイッター

Copyright © Seikei university Press All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon