知っておきたい年間行事

行事への参加は学生生活の楽しみの一つだ。昨年度はその多くが中止となったため、知らない学生も多いだろう。そこで、特に盛り上がる4つの行事を紹介する。


▼学内競漕大会(5月)

埼玉県戸田市にある戸田漕艇場で行われるボート競技大会。通称「成蹊レガッタ」。男子・女子・混合の部に分かれており、ゼミや部・サークルなど毎年約150の団体が参加する。5人一組のチームに漕艇部員が1人加わり、250メートルのタイムを競う。部員にサポートしてもらえるため、未経験者でも安心して楽しむことができる。


▼学内運動競技大会(7月)

「学運」と呼ばれる本学の体育祭。2016年度までは「学内陸上競技大会」という名称だったが、翌年度から内容とともに新しいものになった。従来の陸上競技に加え、サッカーやバレーボールなどの競技が繰り広げられている。また、成蹊レガッタと同様にさまざまな団体が参加する。


▼四大学運動競技大会(10月)

通称「四大戦」。旧制高校時代から交流のある成蹊大・武蔵大・成城大・学習院大の4大学対抗で行われる。会場は各大学の持ち回りとなっており、本年度は成城大学で開催される予定だ。競技は、体育会の所属団体による正式種目、有志団体による一般種目、教職員種目の3種。春から予選が行われ、10月の本大会で正式種目・一般種目の合計得点により総合順位が決まる。


▼欅祭(11月)

2日間かけて行われる学園祭。本学のシンボルである欅並木から名付けられた。屋外には部・サークルの模擬店が立ち並ぶ。文化団体は、4号館ホールや野外ステージでの公演、教室での展示により活動の成果を披露する。(大濵百花)

コロナ禍のキャンパス 対策施し学生戻る

本学は新型コロナウイルス感染症の流行を受け、昨年度から本年度にかけて多くの問題に対応してきた。その中から、対面形式の授業への移行や課外活動実施の許可、新型コロナウイルスワクチンの職域接種、11月20日と21日に行われる欅祭の4つに注目。北川浩学長に話を伺った。 ▼本年度後期の対面形式の授業の展開 本年度後期には、対面形式の授業を段階的に増やす措置が取られている。実験や実習など対面形式で授業を行うこ

講演会実施 未来社会におけるDXの重要性

10月9日、Society 5.0研究所主催の本年度第1回講演会「DX、データサイエンス、未来社会」がZoomで開催された。この講演会は人材育成の一環で、参加者がデータサイエンスへの理解を深め、Society 5.0が実現する新しい社会を快適に生活できるようにする狙いを持つ。講師は中央大学理工学部教授で、同大学AI・データサイエンスセンター所長の樋口知之氏。本学理工学部准教授の小森理氏が司会を務め