知っておきたい年間行事

行事への参加は学生生活の楽しみの一つだ。昨年度はその多くが中止となったため、知らない学生も多いだろう。そこで、特に盛り上がる4つの行事を紹介する。


▼学内競漕大会(5月)

埼玉県戸田市にある戸田漕艇場で行われるボート競技大会。通称「成蹊レガッタ」。男子・女子・混合の部に分かれており、ゼミや部・サークルなど毎年約150の団体が参加する。5人一組のチームに漕艇部員が1人加わり、250メートルのタイムを競う。部員にサポートしてもらえるため、未経験者でも安心して楽しむことができる。


▼学内運動競技大会(7月)

「学運」と呼ばれる本学の体育祭。2016年度までは「学内陸上競技大会」という名称だったが、翌年度から内容とともに新しいものになった。従来の陸上競技に加え、サッカーやバレーボールなどの競技が繰り広げられている。また、成蹊レガッタと同様にさまざまな団体が参加する。


▼四大学運動競技大会(10月)

通称「四大戦」。旧制高校時代から交流のある成蹊大・武蔵大・成城大・学習院大の4大学対抗で行われる。会場は各大学の持ち回りとなっており、本年度は成城大学で開催される予定だ。競技は、体育会の所属団体による正式種目、有志団体による一般種目、教職員種目の3種。春から予選が行われ、10月の本大会で正式種目・一般種目の合計得点により総合順位が決まる。


▼欅祭(11月)

2日間かけて行われる学園祭。本学のシンボルである欅並木から名付けられた。屋外には部・サークルの模擬店が立ち並ぶ。文化団体は、4号館ホールや野外ステージでの公演、教室での展示により活動の成果を披露する。(大濵百花)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報