top of page

令和に続く 中村春二の教育観

 本学には2体の中村春二胸像がある。1体は情報図書館の入口付近に、中村の13回忌と学園創立25周年を機に建てられた。もう1体はそのレプリカで本館1階に位置する。これらの胸像を見て、本学園の創立者である中村の存在を知った人もいるだろう。とはいえ、彼の人物像や功績について理解している人は少ない。成蹊学園史料館の近藤茂グループ長に話を伺い、中村の一生に迫る。

 1877年3月31日に東京・神田猿楽町で生まれた中村。幼少期から英才教育を受け、尋常中学時代には友人に「聖人」と呼ばれるほどの模範生だった。この頃、生涯にわたる友となる今村繁三と岩崎小弥太に出会う。後に本学園の理事を務める彼らは、教育に人生をささげた中村を経済面でも支え続けた。

 中村が教育者を志したのは、東京帝国大学(現在の東京大学)在学時だ。在学中、曹洞宗第一中学林(現在の世田谷学園)の講師となった彼は、貧困によって進学できない生徒がいることや、画一的な教育に憤りを感じていた。大学卒業後の1906年に学生塾を開き、翌年「成蹊園」と命名。1912年から1917年にかけては、個性の尊重や少人数教育などを理念とした成蹊実務学校をはじめ、5つの学校を池袋に開校した。中村の教育活動は全国へと拡大し、大正自由教育運動の中核を担ったという。しかし、これらの活動で多忙を極めた彼は体調を崩しがちになる。成蹊学園の吉祥寺移転が目前に迫った1924年2月21日、46歳という若さで亡くなった。

 成蹊大学の開学は、中村の没後25年のこと。背景には6・3・3・4制への学制改革があった。少人数教育は大学にも踏襲され、1950年には1科目15人のゼミナール制を採用。現在でも全学部でゼミ演習が行われている。彼の教育方針は、令和になった今でも脈々と受 け継がれているのだ。(高梨翼)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

Comments


bottom of page