VR特集 編集後記

新型コロナウイルスが流行し始めてから約1年半。自粛続きの昨年と比較すると、ワクチン接種が開始し、本学でも対面授業が徐々に再開されるなど、社会情勢の変化を感じられる。とはいえ、依然として続くコロナ禍の中、自宅で過ごす時間は例年より長い。巣ごもり需要に適したコンテンツの人気はますます高まっている。元々エンターテインメント業界をはじめとして、多くの業界で注目を集めていたVRという技術は、まさに今、制限された日常に希望を与えている。


本学学生に取ったアンケートではVRの経験がない人が大半であったが、娯楽目的に加え、医療や福祉など幅広い分野でのVRの活用を見込む意見も多かった。高齢者を対象にしたVR旅行体験やVRコンテンツを制作するワークショップは、その一例だろう。加えて、VRを利用したスポーツトレーニングや災害体験など、実体験をするには難しいことも、技術の力で叶うようになってきている。しかし、酔いや眼精疲労などのリスクも伴うため、こまめに休憩を取るなど使用には注意が必要だ。


いまだに閉塞感のある日々の中、新たな技術に目を向け、VRの可能性を知ることで、挑戦したいことを叶える選択肢が広がったように感じた。さらなる普及が予期されるVRは、自らのためにも社会貢献にも活用できる。技術について知り、どのように活用できるかを考え、今後の動きに着目していきたい。(梶原万穂)

ゴーグル登場で大衆化

VRは「Virtual Reality」の略であり「仮想現実」「人工現実感」と訳される。現実には存在しないものを現実だと体感させる技術やシステムを指す。専用のVRゴーグルの登場により、大衆化も進んでいる。従来の映像技術にはない臨場感や没入感を有することから、ゲームをはじめとするエンターテインメントコンテンツにおける活用が目立つ。 混同されやすい技術に、AR(拡張現実)が挙げられる。コンピューターを