Society5.0 データサイエンス教育推進へ

5月21日、Society5.0研究所主催の第4回講演会「地域文化資源のデジタルアーカイブ-懐かしい吉祥寺の写真のアーカイブ化に向けて-」が開催された。そこでは文化資源の保存・共有・活用の具体的事例と意義について解説。また、本学も取り組みに参加する「吉祥寺今昔フォトマップ」を例にデジタルアーカイブの展開について講演された。


本講演を主催した同研究所は、Society5.0時代に活躍できる人材を育成するため2020年に本学に設立した。Society5.0とは、内閣府が提唱する科学技術政策の一つで「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会(Society)」(内閣府HPより引用)を指す。


本学がSociety5.0時代に向けて推進している活動の一つに、数理・データサイエンス・AIリテラシー教育というものがある。理工学部の山野井瞳准教授によると、データサイエンスとは人々の生活をより良くするために科学的アプローチでデータを収集・分析し、課題を解決する手段だという。身近な事例として、ネット通販のレコメンデーション機能、コンビニの売れ筋商品や交通系ICカードの乗降

記録を基にしたビッグデータの活用などがある。

 

データサイエンスの普及については未だ課題も多い。アメリカと比較した場合、日本はデータサイエンスに対しての関心が低く、浸透していないのが現状だという。しかし、既に小学校から高校までのカリキュラムでは、プログラミングや統計、数学が重視され始めるなど改善の機運が高まっている。また、専門技能に加え発想力や創造力、コミュニケーション能力といったスキルも求められるため、文系と理系をつなぐ架け橋としての役割が期待される。


今年度後期には、山野井准教授が担当する成蹊教養カリキュラム「データサイエンス入門」が新たに開講される。本講義ではデータの利活用に必要な知識や倫理を学ぶことが可能だ。学部を問わず、興味を持った学生は受講を検討してほしい。(髙見澤彩人)

6月20日、本学とNHKが共同で主催する「SDGsインタラクティブ」が開催された。本講演は、NHK・SDGsキャンペーンと連動し、番組として収録もされている。都市環境デザイナーである三谷繭子氏が講師を務め、「住み続けられるまちづくり」について講演を行った。 本学では、サステナビリティ教育研究の一環としてSDGsを意識した活動を行っている。NHKとの話し合いにより、今回はSDGsの17の目標のうち、

2022年度前期より、6号館3階と5階にあるコミュニケーション・ラボの利用が再開された。コミュニケーション・ラボとは、学生によるグループワークを目的とした施設だ。コロナ禍前は、丸の内ビジネス研修(MBT)やゼミの発表準備などで使用されていた。学生同士の会話は、時にその話し声が周りの迷惑になることがある。そのため、周囲を気にせず自由に会話や共同作業ができる空間が設置されている。 コミュニケーション・