Society 5.0研究所設置

更新日:2020年6月24日

 4月1日、本学は「Society 5.0研究所」を設置した。これからの社会に必要な力の探究や、豊かな社会構築に貢献することを目的としている。


 活動方針の柱には学融合研究、社会実装・実践、人材育成の3つを掲げる。Society 5.0は、AIやIoTなどの技術革新が進んだ結果として、出現しようとしている社会のことだ。本研究所は、このような社会が及ぼす影響、倫理的課題等について学融合的な研究を行う。また、企業や他大学などの外部機関と連携し、社会問題解決を目指し実践的に活動。そして、教員等に対する研修を企画し実施する。学生へは、協調性と際立った個性を併せ持つ人材育成を図る。その一環として、社会に求められるような能力を形成できる講義の運営を検討しているという。


 北川浩学長は学生に向けて「これからは時代の変化をしっかりと追わなければならない。そのためには好奇心や情熱、積極性を持ち、日々学び続けることが大切だ」と述べる。活動の詳細はインターネットをはじめ、各種媒体で発信していく予定だ。(小澤奈央)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報