Society 5.0研究所、公式ホームページ開設

3月、本学はSociety 5.0研究所の公式ホームページを開設した。ホームページには、活動内容が具体的に掲載される。同研究所は「学融合的研究」「連携実践活動」「人材育成活動」を3つの柱として活動。これからの社会に必要な力の探求や、豊かな社会構築に貢献することを目的としている。社会と科学技術の接点を探ることに加え、科学技術の制御方法を考察し研究する。


2020年4月号(No.321)「Society 5.0研究所設置」


ホームページは研究の現状や成果をWeb上で発信するために開設された。研究所が主催するイベントや実際に採択したプロジェクト、各種募集の案内なども掲載。ホームページを活用することで、柔軟かつ迅速な情報伝達が可能となり、紙媒体よりも多くの人が閲覧できるようになった。さらに、さまざまな分野の人々との社会問題に関する議論、自治体や企業と連携した社会問題解決に向けての活動も行いやすくなる。


同研究所は、今後も現代社会が直面する問題を深く研究し、適宜ホームページに掲載する。学長室研究助成課の寺西浩課長は「現在はホームページを開設したばかりだが、今後はより内容を充実させる」と述べた。(上田悟史)

理工学部改組 「新しい理系」の養成へ

来年4月、理工学部が現行の3学科から1学科5専攻に改組される予定だ。課題解決に向けて自らのビジョンを提示し、新たな価値を創造する「新しい理系」の養成を掲げており、3つの特別プログラムや実践的な科目などを設置する。 改組には主に2つの目的がある。まず、確かな専門性と共に、ICTに強く社会に立ち向かえる人材を育成することだ。近年はAI技術の進歩が加速し、ICT活用力を持つ人材の需要が高まっている。こう