top of page

2022年11月号 並木道

ニュースを見ていると毎年のように「今年は激動の年でした」と耳にするように感じる。以前であれば今年もかと聞き流すところだが、今年は本当に激動の年だと共感する。


2月にはウクライナで戦争が始まり、その影響で小麦や大豆などの価格が上昇。さらに日米金利差の拡大により円安が加速し、水準更新は32年ぶりだそうだ。日々の買い物でも、以前の値段感覚で買えないものが増えたように感じる。


買い物関連の話だと、最近は電子決済を導入する店舗が増加したと思う。チェーン店の大半に加え、個人店でもPayPayであれば使えることが多い。高齢者が多い日本では普及が課題ではあるが、限られた人口で社会を回すためには移行は必然であろう。今後は初心者へのフォローアップビジネスがトレンドになるかもしれない。


こうした激動の社会の中で、私たちができることは限られている。私も現在、自分の就職活動で手いっぱいだが「目の前のことに全力で取り組む」ことを大切にしている。自分の軸を持ちながら目の前の物事に集中することが、自分にとっても、ひいては社会にとっても良い結果につながるだろう。(川船英紀)

0件のコメント

2024年4月号 並木道

ザ・ビートルズの「Nowhere Man(邦題:ひとりぼっちのあいつ)」という曲について、興味深い話を聞いたことがある。「Nowhere Man」という題には、「Now here Man」と区切る場所によって意味も変わる言葉遊びが意図されている、という。「居場所のない人」から「今ここにいる人」か、なるほど。このエピソードは俗説に過ぎないと後に知ったが、180度変わる意味に感心したのを覚えている。

2023年11月号 並木道

投げかけられた問いに対し、人と見粉う答えを返す生成AI。米OpenAI社が提供しているChatGPT をはじめ、世界のテック企業がその開発に注力している。産業革命以来の大変革期とも言われている現代において、私たちは技術とどのように共存すべきだろうか。 私は、共存に必要なことが二つあると考える。一つは技術発展の恩恵を享受し、創造的な「イチヒャク」を実現させることだ。これは0から1を創り上げる「ゼロイ

2023年7月号 並木道

最近、ある言葉を何度も口に出していることに気が付いた。ちょうどこの文章を書く直前にも、その言葉を口にした。「忙しい」、「時間がない」だ。 「タイパ」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは「タイムパフォーマンス」の略称で、かけた時間に対する効果を指す時間対効果のことだ。昨今、動画コンテンツの倍速視聴をはじめ、日常生活におけるタイパ重視の傾向が見られる。 その一方で、タイパ重視によって時間に追わ

Comments


bottom of page