top of page

2022年7月号 並木道

先日、カメラのデータを整理していたところ、滋賀県近江八幡市の祭りの写真を見つけた。撮影日は、新型コロナウイルス感染症の流行が本格化する以前のものだった。ユニークな山車を引く地元住民の顔にはマスクがなく、笑顔溢れる様子が写っている。調べてみると、昨年の祭りは中止となり、今年は規模を縮小する形で開催されたようだ。


6月10日、日本政府は新型コロナウイルス感染症の水際対策を緩和。添乗員付きパッケージツアー客に限定する形で、外国人観光客の受け入れを再開した。観光を目的とした外国人の入国が認められるのは、実に2年ぶりとなる。しかし、受け入れを完全に再開してもコロナ禍前の状況に戻るわけではない。観光庁は引き続きガイドラインを通じて、マスクの着用、手指消毒、3密の回避などといった基本的な感染防止対策の徹底を求めている。


観光庁が今年4月に発表した旅行・観光消費動向調査によると、日本人国内旅行消費額は2019年には21.9兆円を記録していたが、新型コロナウイルス感染症の影響で2021年には9.2兆円に減少したという。受け入れ再開によって、この2年以上苦境に立たされてきた観光業界の回復が期待される。


コロナ禍を経て、日本を含む世界各国の情勢が大きく変化する中、観光業界は長期間の停滞を強いられた。しかし、それは永続的なものではない。2年ぶりの訪日観光客の受け入れが観光産業に何をもたらすのか。コロナ禍前のように、国内外を問わず自由な行き来が可能になる日が来ることを望む。(増地未央)

ニュースを見ていると毎年のように「今年は激動の年でした」と耳にするように感じる。以前であれば今年もかと聞き流すところだが、今年は本当に激動の年だと共感する。 2月にはウクライナで戦争が始まり、その影響で小麦や大豆などの価格が上昇。さらに日米金利差の拡大により円安が加速し、水準更新は32年ぶりだそうだ。日々の買い物でも、以前の値段感覚で買えないものが増えたように感じる。 買い物関連の話だと、最近は電

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報

11月、3号館と8号館の間の喫煙所、通称「サンパチ」が撤去された。そのしわ寄せで1号館横の喫煙所や、9号館前の喫煙所に人が密集している。11月24 日の午後3時頃、1号館横の喫煙所では16 人の利用が確認できた。授業間の休み時間には人があふれ、ときには喫煙所外で吸う人もいる。 喫煙所の減少には、改正健康増進法(以下改正法)の影響がある。改正法の主な目的は、望まない受動喫煙の防止だ。学校は喫煙所以外

bottom of page