2021年11月号 Editor's Voice

対面形式の授業が徐々に増加し、キャンパスや本学周辺にも、友人と過ごす学生の姿が見られるようになりました。3月31日に行われた現2年生の入学式の取材で、「高校生の延長線上から、やっと大学生になれた気がする」という声が上がったことは、いまだに私の心に強く残っています。入学以来制限のある学生生活を送ってきた1、2年生に対し、本学のいち先輩として、今後より充実した時間を過ごせるよう願います。卒業までの期間が短い3、4年生も、残された学生生活を楽しみ、それぞれに合った道に進むことができると信じています。


当会の現体制における最後の制作となる12月号は、12月20日(月)に発行予定です。当会に所属してきた3年8カ月、とりわけ編集人として過ごしてきた2年間を悔いなく締めくくります。(編集人 岡本和音)

2021年7月号 Editor's Voice

学内面では、2020年度卒業生の就職率や志望業界の傾向を取材。今後の就職活動への対策と併せてお伝えします来年度に迎える理工学部の改組、本学の新型コロナウイルス感染症対策などについても掲載しています(1面)。 感染症対策を講じた上で、スポーツの試合も開催されています。スポーツ面では、6月に行われたリーグ戦や体育会団体の活動などを扱います。運動をする際に注意すべき「オーバートレーニング症候群」に関する

日記