成蹊大学新聞2020年4月号について

最終更新: 2020年4月19日

平素は変わらぬご高配を賜り感謝申し上げます。

成蹊大学新聞会 会長の倉田です。


当会は2月より成蹊大学新聞4月号(No.321)を発行すべく活動してまいりました。

しかしながら、世界中を震撼している新型コロナウイルスの影響から大学より活動停止措置が設けられ、依然として入稿作業ができない状況にあります。

つきましては、部員の安全も鑑み、事態が落ち着いてから入稿することを検討しています。

取材にご協力いただいた方々、広告を提供いただいた企業の皆さま、成蹊大学新聞を楽しみにしていただいている読者の皆さまに心よりお詫び申し上げます。

もうしばらくお待ちいただきますようお願いいたします。


皆さまにおかれましても、コロナ禍による大変な時ではありますが、くれぐれも体をご自愛くださいませ。


倉田

最新記事

すべて表示

ポケモン剣盾で対戦

編集長の岡本です。 夏休みから、Nintendo Switch「ポケットモンスター ソード」にはまっています。 最後にポケモンをプレイしたのは2010年発売の「ブラック」だったので、約10年振り。 昔はクリスマスプレゼントを前倒しして家族に買ってもらっていましたが、今回はSwitch本体も含め自費で購入でき、大人になったなあと感じました。物語について考察できるようになったり、主人公だけでなくライバ

2020年欅祭特別号 Editor's Voice

本紙は、文化会成果発表会に合わせて制作したものです。文化会成果発表会とミスコンについての取材に加え、昨年のミス成蹊である松本楓加さんにもインタビュー。今年3月に行われたミスオブミスでの経験や今後の目標を伺いました。 例年当会は、欅祭で正門周辺にて新聞を配布していました。学生が模擬店の宣伝用ボードを首から提げ「新聞もらうから代わりにうちでポテト買ってよ」とふざけて話しかけてくれること、保護者の方から

2020年7月号 Editor's Voice

本紙7月号(No.322)では、新型コロナウイルスへの本学の対応や昨年度の就職状況に加え、文化団体と体育会団体の活動を扱いました。本学にゆかりのある施設、店舗の現在についても取材。学生生活や社会におけるオンラインでのやり取りが増えたため、コミュニケーションをテーマにした特集を組んでいます。 4月20日に公開しました4月号(No.321)は、たくさんの方々に読んでいただけました。当会初のホームページ

  • 成蹊大学新聞会公式ツイッター

Copyright © Seikei University Press All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon