top of page

7月号鋭意制作中!

会長の倉田です。

6月があと10日ほどで終わりますが、2020年も折り返し、、長いようでなんだかあっという間だったような気も。プロ野球ファンとしては今日の開幕に希望を感じながら、今年の半分を振り返ったりしています。


さて、大学に行かなくなってから早3カ月になるわけですが、実は私たち新聞会、現在2020年7月号の成蹊大学新聞を制作しているんです。ZOOMや電話、メールを駆使して完全リモートで行われている今回の制作、皆さまにどのような形でお見せできるか楽しみです。


3カ月見ていない間にみんな成長しているようです。当会は(誕生日が早生まれもいいとこで未だに誕プレを渡せていない)編集長のもと、2年生がメインとなって制作が進行していきますが、リモート制作という特殊な状況でも記事の作成や記事直しをしっかりと進めてくれています。後輩たち、凄くないですか?(親バカ)


あと同期の部員が後輩のメールチェックを何度もしてあげているのがとても意外で嬉しかったので、電話で褒めたら「褒められたらすぐ調子乗っちゃうんだよね~。あ、わざと言ってる?」と言われました。心外です。調子に乗らないように褒めるのはほどほどにしたいと思います。


部活動は大学生活を彩る重要なピース。正直部員のみんなと会うことができないのはとても悔しいです。でもいつかみんなと会えることを信じて、みんなに負けずに成長した姿を見せられるように頑張ります。


7月号、当会ホームページ( https://www.seikeipress.com/ )にて7月3日に公開予定です。お楽しみに!

0件のコメント

2023年11月号 Editor's Voice

改革の年。そう宣言してこの1年間、編集人として活動してきた。 新聞が学生に読まれなくなってきている今こそ、組織から変わるべきだと信じたからだ。改革に当たり、部員には負担をかけてしまったと反省している。しかし、この1年間で私は、プレッシャーに負けない人の底力を多く目の当たりにしてきた。 よい道筋であったと思われれば幸いだ。(編集人 川船英紀)

編集長の独り言日記 2023/7/19

最近はスーパーエルニーニョ現象のせいか、最高気温が30℃を超える日々が続いている。 期末課題が溜まっている中、今日も部室に足を運ぶ。 今日は2023年7月号が部室に届く。 4月号の反省を活かせたからか、大きな問題もなく終わらせたことは良かったと思う。 しかし、最近は違う問題に悩まされている。 当会の財政問題だ。 このような場で言うことではないかもしれないが、危機的状況にある。 先日は大学側に援助を

2023年1月号 Editor's Voice

編集人として、逆境に挑む人の記事を数多く見てきた。 彼らに共通していたのは、苦しい時こそできることを考え、仲間と助け合う姿であった。そしてそれは、私が目指した編集人像とも重なる。私も、逆境に負けない編集人になれただろうか。(編集人 外山隼也)

Comments


bottom of page