4月号 並木道

 「パターン化は間違いを生み出しやすい」これは昨年ベストセラーとなった、ハンス・ロスリング他『ファクトフルネス』(上杉周作・関美和訳、日経BP)の一節だ。人はある事柄に該当することが、類似する他のものにも当てはまると思いやすい。


 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い発生した、ティッシュペーパーとトイレットペーパーの買い占めは、分かりやすい例だろう。発端となったSNSへの投稿は「製造元の中国が生産を止めているため、マスクに続いて品薄になる」といった内容。確かに、日本に出回るマスクはおおむね中国からの輸入によるものだ。しかし、ティッシュペーパーやトイレットペーパーの多くは国内で生産されており、在庫が十分あった。デマをうのみにした人々は「パターン化の罠」に引っかかったというわけだ。


 SNS上のデマは真実よりも拡散されやすい。2018年にマサチューセッツ工科大学は、ツイッターの投稿の調査結果を発表。これによると、誤情報は正しい情報よりも約20倍速く拡散されるそうだ。誤情報はインパクトが強く、新鮮に感じやすいことが原因に挙げられる。


 インターネットが高度に発達した現代では、情報量は膨大だ。必然的に、偽りや誤解を含んだものに出合う可能性も高くなる。デマに踊らされずに情報を正しく取捨選択するためには、先入観を捨て、吟味することが重要だ。(山﨑慶至)

最新記事

すべて表示

武蔵野総合体育館 運動紹介動画を配信

自宅にいる時間が増え、運動不足に悩む学生も多いだろう。そのような人たちに向けて武蔵野総合体育館は、室内でできる運動をYouTubeで紹介している。動画について、武蔵野生涯学習振興事業団の川崎洋平さんに話を伺った。 「おうちで運動」シリーズは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請を機に配信を始めた動画だ。このシリーズでは「おとな向け」「こども向け」「幼児向け」の三つのカテゴリーを設定。それ

チームの絆を深める 成蹊レガッタ

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、今年の学内競漕大会(以下成蹊レガッタ)は開催中止となった。悪天候以外の原因による中止は今回が初めてだという。 レガッタとは、ボートを複数人でこいで行うレース競技のことだ。成蹊レガッタは男子・女子・混合の3部門に分かれており、5人一組でエントリーできる。例年約400人もの学生が参加する、本学を代表する行事の一つだ。 第1回大会はボート部の働き掛けにより、1

  • 成蹊大学新聞会公式ツイッター

Copyright © Seikei university Press All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon