top of page

3度のタッチダウン 首位対決完勝

《試合結果》

○29-0 対拓殖大


12月3日、アミノバイタルフィールドにて、関東学生アメリカンフットボールリーグ戦2022Aブロック(2部)二次上位リーグ第2節が行われた。対戦相手は本学と同率首位の勝ち点9で並ぶ拓殖大。両チームにとって、入れ替え戦進出をかけた大一番だ。


試合は本学のキックオフからスタートした。相手を堅い守備で封じると、RB若林邑彰(経済経営4)を中心に機動力のあるランニングプレーで攻勢を強めていく。第1クオーター8分、インターセプトから勢いに乗った本学が敵陣31ヤードまで迫る。QB西山壮流(国際文化4)がエンドゾーンに向けてパスを放つと、WR武井涼(法律4)がそれをキャッチ。

これが先制のタッチダウンとなった。続くキックも決め7-0とする。さらに第2クオーターでも攻めの姿勢を崩さず、フィールドキックで3点を追加。10-0とリードしてハーフタイムを迎えた。


第3クオーターでは、両チームに反則が相次ぐ。互いに攻撃のリズムが乱れた後半戦、流れをつかんだのは本学だった。第4クオーター開始直後、西山からのパスが再び武井につながり、タッチダウンに成功。着実にキックを決め17-0とし、さらに相手を攻め立てた。

残り時間5分、相手ゴールまで6ヤードの場面で司令塔の西山が自ら左サイドを駆け抜ける。そのままエンドゾーンに突入し、3本目のタッチダウンへつなげた。集中力を欠くことなくキックも決め24-0とさらに点差を広げる。そして残り時間2分では、相手QBを後退させる好守備を見せると、これがセーフティとなり2点を追加した。その後フィールドキックにも成功し、最終的に29-0で本学が勝利。入れ替え戦への進出を決めた。


主将の本多匠(政治4)は「序盤で流れをつかめたのが良かった。次の一戦は苦闘が予想されるが、諦めない姿勢で臨みたい」と語った。               (万浪耀)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

Comments


bottom of page