野球 八回に必死の猛追も届かず惜敗

《試合結果》

●2-3 対順天堂大


6月12日、大田スタジアムにて東都大学野球春季リーグ戦(3部)が行われた。4部への入れ替え戦出場を避けるための重要な一戦。相手は前回6-3で勝利した順天堂大だ。


本学は初回、二死からチャンスをつくるも無得点。守備では、先発投手の甲斐秀聖(現代社会3)が直球を軸とした投球で三者連続三振を奪う。続く二回、三回も両チームの投手が直球と変化球で打者に的を絞らせず打ち取り、序盤を互いに無得点で終える。試合が動いたのは四回裏。一死からヒットとエラー、そして四球で満塁のピンチを迎えると、外の変化球をライト前に運ばれ2点を失う。続けざまに左中間に二塁打を打たれ、0-3と突き放される。差を縮めたい本学は、五回表に二死から連打で二、三塁の好機をつくる。しかし、相手投手を打ち崩せず得点には至らない。その裏、2番手の飯塚洸太(政治1)が二死一、三塁のピンチを背負うも、力のあるストレートで三振を奪い無失点に抑えた。


六回表に連打で一死満塁と一打逆転の場面をつくるも無得点。六回、七回を三者凡退で抑えると、八回表にこの回先頭の4番上原和浩(システム3)のヒットをきっかけとし、一死一、三塁の好機を迎える。このチャンスに7番仲田亮太(総合経営2)が、甘く入った直球を逃さず左中間へ二塁打を放ち、2点を返す。その後もチャンスは続くが相手投手が粘り、この回は2点止まりとなる。九回表、1点ビハインドとなり何とか追い付きたい本学であったが三者凡退。2-3で試合終了となった。


試合後、副主将の小林駿也(経済経営3)は「勝負どころの集中力が相手の方が上だった。投手はよく抑えていたが、守備のミスが失点につながった。入れ替え戦では自分たちの力を発揮し必ず残留する」と語った。(齊藤睦典)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報