論説 本学園喫煙所の実態

11月、3号館と8号館の間の喫煙所、通称「サンパチ」が撤去された。そのしわ寄せで1号館横の喫煙所や、9号館前の喫煙所に人が密集している。11月24 日の午後3時頃、1号館横の喫煙所では16 人の利用が確認できた。授業間の休み時間には人があふれ、ときには喫煙所外で吸う人もいる。


喫煙所の減少には、改正健康増進法(以下改正法)の影響がある。改正法の主な目的は、望まない受動喫煙の防止だ。学校は喫煙所以外では原則禁煙と定められ、喫煙所を設置する場合にも、喫煙を目的とする人を除く施設利用者が立ち入らない場所に設置しなければならないとされている。しかし、本学園にある喫煙所はこの基準を十分に満たしているとは言えない。


本学園は6月、児童・生徒が通学している事情を考慮し、受動喫煙の防止と健康の保護を目的として全面禁煙化の方針を定めた。在学中に喫煙を開始する学生を減らし、喫煙マナーの教育や禁煙教育を促進することで、将来的な喫煙者数の減少を目指すという。しかし、思惑通りにいくのだろうか。喫煙者である本学学生(現代社会4)に取材したところ「高校までの教育で喫煙が及ぼす健康被害については理解しており、その上で喫煙している。たばこを始めるきっかけは他大学の友人やアルバイト先の同僚などにあり、大学だけにあるわけではない。教育を行ったとしても無駄ではないか」と私見を述べた。


本学園は望まない受動喫煙を、教育を通して防止しようとしている。確かに、喫煙者に喫煙マナーの順守を求めることは重要だろう。しかし、喫煙所の減少が、喫煙所外でたばこを吸うというマナー違反を引き起こす一端を担っていることを本学園は認識すべきだ。特に1号館横の喫煙所は、2号館を利用する学生のほとんどが通行する場所にある。そこに喫煙者が集まり、喫煙所外で吸われていては、望まない受動喫煙の防止が達成されることはない。喫煙者を減らすための教育は、現状を改善した後に行うべきではないか。改正法の基準の壁は高いが、まずは喫煙所の不足を補うか、非喫煙者の通行しない場所に喫煙所を移すことを検討してほしい。(飯塚大賀)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報