誰でもできる競技 キンボールスポーツ

多くのスポーツでは性別による運動能力の差を考慮し、男女で部門を分けて競技を行う。しかし、そのような枠を取り除き男女混合で楽しめるスポーツとして、キンボールスポーツ(以下キンボール)が注目されている。


1986年にカナダで生まれたキンボールは、直径1m以上の巨大なボールを落とさないようにするスポーツだ。試合は4人1組の3チームで同時に行い、「ヒット」と呼ばれるサーブから始まる。ヒットのときはメンバーのうち3人がボールを支え、残りの1人は「オムニキン」と叫んでからどちらかのチームを指定し、ボールを打つ。指定されたチームはボールがコートに落ちる前にレシーブをする。成功の場合、次はそのチームがヒットを行う。このようにヒットとレシーブを繰り返し、レシーブの失敗や反則があった場合は、他の2チームに点が入る。ゲームの終了時に、得点の多いチームの勝ちだ。


キンボールでは、大きなボールを1人で扱うことが困難なため、チームの団結力が重要となる。また、打つ前に叫ぶ「オムニキン」とは「すべての人が楽しめるスポーツ」を意味する造語であり、キンボールの理念を表している。このような点が広く支持され、性別や年齢に関係なく楽しめるスポーツとして全国に広まっている。


昨年度は本学でも「健康・スポーツ演習A・B」でキンボールが扱われ、より身近な存在になりつつある。大人数で楽しく体を動かしたいときには、キンボールを体験するのもよいだろう。(川船英紀)


《参考文献》

500万人のキンボール ニュースポーツの核心に触れる 公式ガイドブック(フレンドリー情報センター、2004年)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報