top of page

見つけよう 自分好みのコーヒー

コーヒー豆にたくさんの種類があるようにコーヒーの焙煎や抽出の方法もさまざまだ。こうした違いによって味や香りが変化し、飲む人を楽しませる。


焙煎とは、コーヒー豆を煎ることで成分が化学変化を起こし、味や香りの違いを生む工程だ。「コーヒーロースト丸高 武蔵境店」では、店主の丸高実さんが購入者の好みに合わせてその場で焙煎し、鮮度の良い状態で提供している。同店の焙煎は大きく分けて、浅煎り、中煎り、深煎りの3段階があり、深いほどビターな味わいになる。短時間で少量のコーヒー豆を焙煎し、風味を強くするのが同店の特徴だ。


味わいは抽出温度によっても変化する。コーヒーを作る際のお湯の温度は90度が基本とされているものの、低温で抽出すると酸味は出るが優しくやわらかい口当たりに。一方、高温で抽出すると苦さと渋みが出る。丸高さんは「味の可能性は無限であり、好みによるため、自分がおいしいと思ったものを選んでほしい」と話す。


コーヒーの味が苦手な人は、抽出前に蒸らさず素早く淹れることで、さっぱりとした風味と特有の香りを楽しむことができる。加えて、苦味が気になる場合はミルクで割って飲むと良いそうだ。お気に入りのコーヒーの淹れ方を探し、気分転換をしたい時に飲んでみてはいかがだろうか。(星野佑奈)

栽培地域減少 2050年問題を考える

近年、多くの人がコーヒーに慣れ親しんでいる。しかし近い将来、地球温暖化によりコーヒー豆の生産量が減少し、コーヒーを飲める日常は当たり前ではなくなるかもしれない。 コーヒー豆は、コーヒーベルトと呼ばれる赤道付近の地域で栽培される。特にブルーマウンテンをはじめとした高品質なアラビカ種は、世界で流通しているコーヒー豆の6、7割を占める重要な品種だ。しかしアラビカ種は気温の低い高地で栽培されるため、地球温

コーヒー特集 編集後記

私はコーヒーを愛飲している。最近はコンビニ等で販売中のものは一通り飲み、新商品の発売を心待ちにしている。だがそんなコーヒーについて深く考えたことはあっただろうか。 昔のコーヒーはお酒の代わりとして限られた人にしか飲まれていなかった。しかし時代と共にその役割は変化し、多くの人に幸せを与える身近な存在となった。コーヒーの種類は多岐にわたり、コーヒー豆の育った環境や品種によって味が変わる。焙煎や抽出の方

Σχόλια


bottom of page