top of page

管弦楽団 サマコンに想いを



6月16日、本学管弦楽団のサマーコンサートが行われた。客席はほぼ満席状態で、会場は熱気にあふれていた。公演後、部長の岡部美月さん(英米文3)とコンサートマスターの菅原理さん(総合経営3)に話を聞いた。


今回のコンサートでは、メイン曲としてベートーヴェン交響曲第5番『運命』を演奏した。活動が制限されたコロナ禍を経て、本来の活動ができるようになった現在。暗い調子から始まり、明るくフィナーレを迎える『運命』を、こうした自らの現状に重ね合わせて選曲に至ったという。


今回のような規制がない形での公演は、コロナが明けてから初めてだった。集客のために、広告にも力を入れて準備を進めたという。「不安もあったが、お客さんがたくさん入ってくれて安心した」と2人は語る。一方、コンサートを終えて課題も明らかになった。部員の意識が高まるも、先輩部員の引退と新入生の入部が重なり、活動が不安定だったという。下の代に引き継ぎができるように日々試行錯誤を続けている、と岡部さんは前向きな意欲を示した。


一般のオーケストラ団とは違い、大学のオーケストラの演奏は、大学に在籍している学生や卒業生など、団体と関係がある人が聴きに来る。菅原さんは「クオリティの追求はもちろん、そのようなつながりを持った人に届くような熱量ある演奏をしたい」と観客への思いを述べた。


本学管弦楽団は12月に第54回定期演奏会を控えている。定期演奏会へ向けて技術面に磨きをかける過程で、部員の団結も深めていくという。次回の演奏会に期待が高まる。

(菅野菜乃)



ミス成蹊コンテスト2023 テーマは『ailes』

欅祭2日目・19日の午後に、ミス成蹊コンテスト2023が本学の大講堂にて開幕する。観覧には事前チケットが必要だ。本番はYouTube配信も行われる。今年のコンテストテーマは「ailes」。フランス語で「翼」を意味し、「磨き上げられた個性と魅力が一枚一枚の羽となり、やがて大きな翼となって、輝かしい未来に羽ばたいていってほしい」という思いが込められている。ファイナリストの高橋遥花さん(英語英米3)、田

2023年7月号 並木道

最近、ある言葉を何度も口に出していることに気が付いた。ちょうどこの文章を書く直前にも、その言葉を口にした。「忙しい」、「時間がない」だ。 「タイパ」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは「タイムパフォーマンス」の略称で、かけた時間に対する効果を指す時間対効果のことだ。昨今、動画コンテンツの倍速視聴をはじめ、日常生活におけるタイパ重視の傾向が見られる。 その一方で、タイパ重視によって時間に追わ

bottom of page