福祉作業所を身近に オンライン・スタディツアー

4月23日、マジェルカ主催の「福祉作業所訪問オンライン・スタディツアー」の第1回が開催された。マジェルカは障害者が製作した雑貨のみを販売する、吉祥寺中道通りにあるセレクトショップだ。日本財団の助成事業の一つであるこのツアーは、障害者や福祉作業所を身近な存在として感じてもらうことを目的に企画された。来年の3月までに全6回行われる予定で、今回は45人が参加した。


第1回の開催場所は、神奈川県平塚市にある「GALLERY COOCA&CAFE」。マジェルカのスタッフが訪問し、レポーター兼カメラマンとして店内の様子をZoomで中継した。この店では、知的障害や精神障害のある人が活躍する社会福祉施設「studioCOOCA」のアーティストや地域のアーティストの作品展示、グッズの販売が行われている。建物の2階は作業スペースとなっており、新作の絵や作業の様子も見ることができた。


ツアーの後半には、参加者からの質問にstudioCOOCAのアーティストや支援スタッフが回答する時間が設けられた。作品制作で気を付けていることは何かという問いには「アーティストの作風に合った画材を使っている。商品化する際には、原画のイメージを損なわないように工夫する」との回答が得られた。マジェルカのホームページからは、ツアーの様子を撮影した動画や参加者の感想、次のツアーについての情報が確認できる。興味があれば、ぜひ見てほしい。(大濵百花)


マジェルカHP:https://www.majerca.com/

ツアー動画:https://www.youtube.com/watch?v=JlUuiN1QCG8

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報