知っておこう 構内施設 後編


▼本館

 唯一の全面れんがタイル貼りである建物が、本学の象徴とされる本館だ。1924年の建設以降、構内で最も長い歴史を持つ。2008年には大規模な改修工事が行われたものの、ほとんど建築当時の姿を保ち続けている。また、テレビドラマや映画の撮影場所に使われるため、学外でも認知度が高い。


 本館には、本学を支える部署が多数置かれている。中でも学生が頻繁に利用するのは、1階西側にある学生部だ。ここでは、奨学金に関する手続き、学生証の再発行や遺失物の管理、部活動をはじめとした課外活動についての手続きなどを行っている。1階北側にはボランティア支援センターがあり、ボランティアについての情報収集や、参加申し込みを行うことができる。ボランティアに興味のある人は足を運んでみてほしい。


 充実した学生生活を送る上で、さまざまな目的を持って訪れることになる本館。各部署の業務内容を把握し、有効に活用できるようにしたい。(茂木佑太朗)


▼学生会館

 学生会館は、トラスコンガーデンの北側にある地上3階、地下1階建ての施設だ。ここでは、教科書を含む書籍や文房具などを扱う紀伊國屋書店と、カットサロンが営業している。さらに証明写真機、建物前のATM等の学生生活を支える設備もそろう。


 地下には音楽練習室が設けられており、主に音楽系団体が使用している。また、3階には学生ボランティア本部Uni.、欅祭本部、新聞会、体育会本部、文化会本部の部室が並ぶ。活動に興味を持った人は一度訪れることを勧める。


 そして、学生生活を送る上で欠かせないのが学生食堂だ。館内には3つの食堂が存在する。1階にあるのは4店舗が集まる第一学生食堂。うどん、ラーメン、鉄板料理、定食類を提供している。2階には4月より新たにオープンする出来たて中華の「桃李」、3階には丼ぶり専門店「TORIKO」が店を構える。各食堂を回り、自分好みの店を見つけてみてはどうだろうか。(勝見季紘)


広々とした第一学生食堂

▼4号館

 6号館の北西に位置する構内最大のホールが4号館だ。木を基調とした温かみのある内装が施されている。プロジェクターをはじめとする機材も設置。そのため、履修者が多い講義だけでなく、本学主催の講演会やシンポジウムの会場にもなる。さらに毎年11月に開催される欅祭では、芸能人を招いたトークショーが開かれるほか、課外活動団体がダンスや演劇などのパフォーマンスを行う。


 多目的ホールとしてさまざまな場面で使われている4号館。各種説明会の開催場所でもあるため、迷わず行けるようにしておこう。(畠山悠奈)

最新記事

すべて表示

武蔵野総合体育館 運動紹介動画を配信

自宅にいる時間が増え、運動不足に悩む学生も多いだろう。そのような人たちに向けて武蔵野総合体育館は、室内でできる運動をYouTubeで紹介している。動画について、武蔵野生涯学習振興事業団の川崎洋平さんに話を伺った。 「おうちで運動」シリーズは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請を機に配信を始めた動画だ。このシリーズでは「おとな向け」「こども向け」「幼児向け」の三つのカテゴリーを設定。それ

チームの絆を深める 成蹊レガッタ

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、今年の学内競漕大会(以下成蹊レガッタ)は開催中止となった。悪天候以外の原因による中止は今回が初めてだという。 レガッタとは、ボートを複数人でこいで行うレース競技のことだ。成蹊レガッタは男子・女子・混合の3部門に分かれており、5人一組でエントリーできる。例年約400人もの学生が参加する、本学を代表する行事の一つだ。 第1回大会はボート部の働き掛けにより、1

  • 成蹊大学新聞会公式ツイッター

Copyright © Seikei university Press All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon