理工学部エリアに新棟 全学生の架け橋に

来年2月から2024年春まで、理工学部エリアの再開発のため11号館・12号館・13号館を解体し、新11号館を建設する工事が行われる。新11号館は学生全員の学びの場、憩いの場として本学の新たな象徴となる。施設の特徴や工期、工事に伴う影響について、管財課と総合企画課に取材した。



▼新棟建設の目的

来年4月、本学理工学部は従来の3学科から1学科5専攻に改組する。これに合わせて新棟を建設し、本学の理工学部に対するイメージを刷新することが主な目的だ。また、今回の工事で現在の11号館・12号館・13号館は全て解体される。これらの建物は築50年を上回るため、老朽化が進んできていることも工事の理由の一つだ。


▼施設の特徴

今回解体される11号館・12号館・13号館の機能は、新たに建設される11号館に集約される。新11号館は、延床面積が約15000㎡の5階建てであり、本学園では最大級の規模となる。また、建築材料の一部には木材を導入。樹木は大気中の二酸化炭素を取り込み、伐採後も貯蔵する。その樹木を資材として活用することで、大気中の二酸化炭素量の削減を図る。新棟は断熱効果の高い設計であるため、従来の施設に比べて空調設備の使用による環境負荷が低減されることも期待できる。