top of page

水球 10年ぶりに1部リーグ昇格

8月15日、2021年度関東学生水球リーグ入替戦が行われた。2部リーグを全勝で優勝した本学水泳部水球班は、日本大との入替戦に勝利。10年ぶりとなる悲願の1部昇格を果たした。昇格までの過程や今後のチームについて、主将の小林駿祐さん(法律4)とこのシーズンで活躍した篠﨑光さん(経済経営3)にインタビューした。


リーグ戦について2人は、チームのやりたいことが順調に達成できていたと話す。特に順位決定戦では、別グループ1位の国際武道大に完封勝ち。自信を持って入替戦に挑戦できた。


そして迎えた入替戦。対戦相手の日本大には今年の春に6-14で敗れており、いかに失点を抑えるかが試合のポイントとなった。小林さんは試合前の円陣で「自分たちのやれることをやろう」と鼓舞したという。2019年度には1点差で1部昇格を逃しており、部員たちがこの試合に懸ける思いは強かった。試合の山場となったのは、第3ピリオド。大きく点差を詰められ、焦りが生まれた。しかし、本年度のチームには逆境を乗り越える力があった。声を掛け合い気持ちを切り替えると、最終ピリオドに2点を追加。8-7で勝利を収めた。


長年の目標であった1部昇格を果たし、多くの人から祝福を受けた部員たち。取材の終わりに2人は、チームを支える全ての人への感謝を口にした。チームの目標は「1部昇格」から「1部定着」へと更新された。2部リーグでの10年間をばねにトップリーグを駆け上がってほしい。(三瓶純一)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

Comments


bottom of page