水球 10年ぶりに1部リーグ昇格

8月15日、2021年度関東学生水球リーグ入替戦が行われた。2部リーグを全勝で優勝した本学水泳部水球班は、日本大との入替戦に勝利。10年ぶりとなる悲願の1部昇格を果たした。昇格までの過程や今後のチームについて、主将の小林駿祐さん(法律4)とこのシーズンで活躍した篠﨑光さん(経済経営3)にインタビューした。


リーグ戦について2人は、チームのやりたいことが順調に達成できていたと話す。特に順位決定戦では、別グループ1位の国際武道大に完封勝ち。自信を持って入替戦に挑戦できた。


そして迎えた入替戦。対戦相手の日本大には今年の春に6-14で敗れており、いかに失点を抑えるかが試合のポイントとなった。小林さんは試合前の円陣で「自分たちのやれることをやろう」と鼓舞したという。2019年度には1点差で1部昇格を逃しており、部員たちがこの試合に懸ける思いは強かった。試合の山場となったのは、第3ピリオド。大きく点差を詰められ、焦りが生まれた。しかし、本年度のチームには逆境を乗り越える力があった。声を掛け合い気持ちを切り替えると、最終ピリオドに2点を追加。8-7で勝利を収めた。


長年の目標であった1部昇格を果たし、多くの人から祝福を受けた部員たち。取材の終わりに2人は、チームを支える全ての人への感謝を口にした。チームの目標は「1部昇格」から「1部定着」へと更新された。2部リーグでの10年間をばねにトップリーグを駆け上がってほしい。(三瓶純一)

コロナ禍のキャンパス 対策施し学生戻る

本学は新型コロナウイルス感染症の流行を受け、昨年度から本年度にかけて多くの問題に対応してきた。その中から、対面形式の授業への移行や課外活動実施の許可、新型コロナウイルスワクチンの職域接種、11月20日と21日に行われる欅祭の4つに注目。北川浩学長に話を伺った。 ▼本年度後期の対面形式の授業の展開 本年度後期には、対面形式の授業を段階的に増やす措置が取られている。実験や実習など対面形式で授業を行うこ

講演会実施 未来社会におけるDXの重要性

10月9日、Society 5.0研究所主催の本年度第1回講演会「DX、データサイエンス、未来社会」がZoomで開催された。この講演会は人材育成の一環で、参加者がデータサイエンスへの理解を深め、Society 5.0が実現する新しい社会を快適に生活できるようにする狙いを持つ。講師は中央大学理工学部教授で、同大学AI・データサイエンスセンター所長の樋口知之氏。本学理工学部准教授の小森理氏が司会を務め