気軽に盛り上がれるスポーツ ビアポン

近年、マイナースポーツ「ビアポン」に注目が集まってきている。吉祥寺にはスポーツパブ「Lucky George」があり、ビアポンをプレーすることができる。今回は店主の歳谷竜生さんに、ビアポンのルールや魅力について取材した。


ビアポンは、台の上に置かれたカップにピンポン玉を投げ入れるスポーツだ。競技には卓球台の半分ほどの大きさの台を使い、自陣と敵陣に10個ずつカップを並べる。そして、敵陣のカップに向け、ピンポン玉を2球ずつ交互に投げ合う。ピンポン玉の入ったカップは取り除き、先に敵陣のカップを全てなくした方が勝ちというルールだ。発祥は、1950年代にアメリカのダートマス大学の学生が始めたパーティーゲームとされ、その後競技化。2006年からは毎年ラスベガスで世界大会が開かれるほどとなった。大会はシングルス、ダブルス、グループ戦など複数の試合形態で行われる。


ビアポンの最大の魅力は「手軽さ」だ。カップ・ピンポン玉・台があれば遊べることに加え、ルールが分かりやすく、初心者同士でも十分に楽しむことができる。さらに、カップが減るにつれピンポン玉を入れづらくなり、戦いが拮抗する面白さや、相手がピンポン玉を投げる時に気を散らす動きをして妨害するという独特な楽しみ方もある。


歳谷さんは「この店では基本的に無料でビアポンコーナーを利用できる。飲食しながら友だちと楽しんでほしい」と述べた。ルールが分かりやすく、気軽に盛り上がることができるビアポン。ぜひ経験してみてほしい。(上田悟史) 

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報