武蔵野総合体育館 運動紹介動画を配信

自宅にいる時間が増え、運動不足に悩む学生も多いだろう。そのような人たちに向けて武蔵野総合体育館は、室内でできる運動をYouTubeで紹介している。動画について、武蔵野生涯学習振興事業団の川崎洋平さんに話を伺った。


「おうちで運動」シリーズは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請を機に配信を始めた動画だ。このシリーズでは「おとな向け」「こども向け」「幼児向け」の三つのカテゴリーを設定。それぞれ健康、技術向上、体を動かす楽しさをコンセプトに動画を作成している。視聴者はさまざまな動画の中から、自由に選んで視聴することが可能だ。


川崎さんは大学生にお薦めの動画として、運動量の多い「エアロビクス編」と敏しょう性を高める「テニスに役立つトレーニング編」を挙げた。運動前にウォームアップをすることで、効果を高めることができる。また、自宅での運動には「十分なスペースの確保」「無理をしないでマイペース」「体調が悪い場合は運動しない」の3点が重要だそうだ。


今月から同館では、感染症対策を講じた上で一部のレッスンが再開される。それに伴い「おうちで運動」シリーズの更新頻度は減らすが、今後も運動情報の発信は継続していくという。川崎さんは「動画を通じて運動に興味を持つ人が増えてほしい」と語る。武蔵野総合体育館のYouTubeチャンネルをチェックし、役立ててみるのはいかがだろうか。(三瓶純一)

最新記事

すべて表示

2020年12月 並木道

世界中の人々が感染症に怯えながら過ごした2020年。日本ではそんな国民を元気づけるかのように「誰も傷つけない笑い」という言葉がメディアを通じて流行した。単刀直入に言うと、私はこの言葉を見るたびに不快な気持ちになる。笑いに限らず「誰も傷つけない」表現など、世の中に存在しないと考えているからだ。 「内面的・主観的なものを外面的・感性的にとらえられる手段・形式によって伝達しようとすること」(新明解国語辞

  • 成蹊大学新聞会公式ツイッター

Copyright © Seikei University Press All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon