武蔵野総合体育館 運動紹介動画を配信

自宅にいる時間が増え、運動不足に悩む学生も多いだろう。そのような人たちに向けて武蔵野総合体育館は、室内でできる運動をYouTubeで紹介している。動画について、武蔵野生涯学習振興事業団の川崎洋平さんに話を伺った。


「おうちで運動」シリーズは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請を機に配信を始めた動画だ。このシリーズでは「おとな向け」「こども向け」「幼児向け」の三つのカテゴリーを設定。それぞれ健康、技術向上、体を動かす楽しさをコンセプトに動画を作成している。視聴者はさまざまな動画の中から、自由に選んで視聴することが可能だ。


川崎さんは大学生にお薦めの動画として、運動量の多い「エアロビクス編」と敏しょう性を高める「テニスに役立つトレーニング編」を挙げた。運動前にウォームアップをすることで、効果を高めることができる。また、自宅での運動には「十分なスペースの確保」「無理をしないでマイペース」「体調が悪い場合は運動しない」の3点が重要だそうだ。


今月から同館では、感染症対策を講じた上で一部のレッスンが再開される。それに伴い「おうちで運動」シリーズの更新頻度は減らすが、今後も運動情報の発信は継続していくという。川崎さんは「動画を通じて運動に興味を持つ人が増えてほしい」と語る。武蔵野総合体育館のYouTubeチャンネルをチェックし、役立ててみるのはいかがだろうか。(三瓶純一)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報