top of page

新聞会 学校行事と取材の心得

更新日:3月28日


大学公認で学生新聞を作成する成蹊大学新聞会。当会の大学行事との関わりや取材で意識していることについて、これまで多くの取材をされてきた篠田悠斗さん(政治4)に伺った。


本学の行事のうち主に当会が取材をするのは、5月の成蹊レガッタ、10月の四大学運動競技大会(以下、四大戦)、そして11月の欅祭だ。レガッタは、ゼミやクラブなどが参加する競漕大会で、当会も実際に参加しながら取材をしている。四大戦は成蹊、学習院、成城、武蔵の四大学が合同で開催する運動競技大会だ。体育会の団体のみならず、一般学生や教職員が参加できる種目もあるため、様々な角度から取材を行う。クラブや有志団体の展示や模擬店が多く出展される欅祭では、実際に記者が体験した様子を紹介する記事を書くこともあり、記事も楽しめる取材となることが多いことが特徴だ。


当会はこうした行事だけでなく、部活動の試合も取材する。試合記事では、会場の雰囲気や臨場感を伝えるため、目を離さず各情景を捉えて記録することが必要だ。そのため、試合の写真を撮影する同行者とのコミュニケーションが特に重要である。インタビュー記事でも同様に、同行記者との連携は不可欠となる。質問者や取材メモなど、役割を事前に決めておくことが、重要な発言を逃さないための工夫だという。


篠田さんは「相手方へ取材を受けるメリットをきちんと伝え、丁寧な態度で臨むことが大事だ」と語った。丁寧に向き合い、入念に準備することでまれる臨場感のある記事。今後もスポーツ記事に注目だ。(本間賀子)

0件のコメント

[ウェブ限定]西洋と結びつく落語の変遷

11月23日、紀伊國屋書店新宿本店3階アカデミック・ラウンジにて、本学文学部日本文学科の大橋崇行准教授による講演会が開催。「落語、西洋に出会う。」というタイトルの下、西洋文化が落語に与えた影響や現代における落語の意義などが論じられた。当日の会場には学生、出版関係者など多くの人が足を運び、講演会はほぼ満席の状態で開始した。 落語と聞くと、おそらく多くの人は江戸時代を思い浮かべるのではないだろうか。江

Comments


bottom of page