成蹊会 2年ぶり懇談会

11月13日、成蹊会が代議員・同窓会委員懇談会(以下懇談会)を本館大講堂で開催し、約180人が出席した。成蹊会は本学園卒業生の8割以上が所属するOB・OG 会で、本学学生には奨学金や課外活動の援助などを行っている。


昨年度は新型コロナウイルス感染症流行の影響で、開催を見送った懇談会。第1部では、初めに高井昌史会長が「成蹊の旗の下に集まれるのは良いことだ」と挨拶し、再会を喜んだ。さらに、本年度限りでの退任が決まっている亀嶋庸一学園長も来賓として出席。四大学運動競技大会の結果や理工学部エリアの新棟建設計画など、本学園の近況をユーモアを交えて報告し、退任にあたって感謝の言葉を述べた。その後、武藤正司常務理事が成蹊会の求心力向上に向けた取り組みや、来年度の事業方針について説明。また、来年4月3日に開催予定の桜祭に関する案内と協力の呼び掛け、スポーツ振興委員会からの報告を経て、第1部が終了した。


第2部では各会場に分かれ、大学各学部や小学校、中学・高等学校、旧課程の政治経済学部、医歯学進学過程の同窓会を行った。新型コロナウイルス感染症に関する講演会を開く会場もあれば、個々の近況や桜祭に向けた準備について話す会場もあった。OB・OG は久しぶりの再会ということもあり、話に花を咲かせていた。


懇談会を終了したことを受けて、武藤常務理事は「『コロナ禍でもこのような機会を設けてくれてありがとう』と参加者に言っていただいた」と反響を振り返った。今後、成蹊会は新型コロナウイルスの感染状況を踏まえながら、対面形式でのイベントを増やしていく方針だ。(倉田滉也)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報