top of page

成蹊レガッタ 3年ぶりに開催

5月24日、晴天に恵まれ第52回学内競漕大会が戸田公園漕艇場にて開催された。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となった今大会。男子の部では学生ボランティア本部Uni(. 以下Uni.)の「ルイボスティー」、女子の部では体育会女子硬式庭球部の「みたらし団号」、混合の部ではUni.の「メリー号」が優勝を果たした。 



大会は男子・女子・混合の3部門に分かれ、5人一組でボートに乗り250メートルのレースを行う。総勢115組のチームが個性あふれるクルー名をつけてエントリーし、漕艇部員のレクチャーを受けた後レースに挑んだ。感染症予防の観点から、会場での声出し応援は禁止とされた今年度。そのような状況下でも、選手たちの懸命な掛け声や、声援に代わる観客の拍手により、白熱した雰囲気の中で大会は進行された。予選では参加チームの多くが慣れない漕艇に苦戦する事態に。時折モーターボートに牽引されてスタートラインに向かうチームも見られた。その影響から出艇時間が遅れ、大会は最大で2時間の遅延が発生。特別ルールを適用し、各部門で準決勝まで進んだ9組によるタイムレース制の決勝戦が行われた。


▼優勝チーム代表者のコメント

男子の部「ルイボスティー」粕川司さん(総合経営3)「Uni.で二冠を達成できて最高の気分だった。団結力と応援のおかげで優勝したのだと思う。次は女子の部でも参加者を募り、三冠を狙いたい」


女子の部「みたらし団号」松田麻有里さん(経済経営4)「優勝を目指していたので本当に嬉しい。個々の『勝ちたい』という気持ちが強く、チームで一つになれたことが優勝できた要因だと思う。連覇を果たせるよう、来年も頑張ってほしい」


混合の部「メリー号」樋浦彩乃さん(法律3)「楽しく、ハッピーな気持ちでボートを漕いだ。まさか優勝するとは思っていなかったが、来年は連覇と記録更新を目指したい」

(万浪耀)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

Comments


bottom of page