成蹊とのつながり 東洋文庫でアジアを知る

更新日:2020年7月6日

※本記事は2019年11月号(No.319)文化面にて掲載されたものです。


東洋文庫という研究図書館をご存じだろうか。設立者の岩崎久彌氏は、本学園創立に尽力した小彌太氏のいとこにあたるため、東洋文庫と本学園は深い関係にある。本学園の学生や関係者であれば東洋文庫ミュージアムへの入場が無料になるのは、このつながりがあってこそだ。本学情報図書館の2階には東洋文庫を紹介する展示コーナーも常設されている。近年は両者の関係がさらに強まり、本年度から文学部で東洋文庫を取り扱う講義が開講された。しかし、学生の知名度はいまだに低い。そこで今回、東洋文庫の特色について東洋文庫文庫長特別補佐の牧野元紀さんに聞いた。


東洋文庫は、1924年に久彌氏の蔵書にジョージ・アーネスト・モリソン氏の蔵書を加えて開設された。モリソン氏は英紙ロンドンタイムズ北京特派員であり、東洋に関する書物を収集していた。彼の蔵書はモリソン文庫と呼ばれ、アジア研究の史料として重要な役割を果たしている。現在、100万点以上の書を所蔵する東洋文庫は、東洋学専門の研究施設としてアジア最大の蔵書数を誇っている。世界五大東洋学研究図書館の一つとして、大英図書館、ハーバード・イェンチン図書館と並ぶほどだ。


2010年の改装と翌年のミュージアム開設を経て、東洋文庫は広く親しまれる場所となった。その中でさらに多くの人に東洋学に触れてもらおうと、多様な企画展を開催。過去には、古地図展や漢字展が好評を博した。現在は、葛飾北斎の浮世絵を展示する「東洋文庫の北斎展」が開かれている。劣化しやすい浮世絵が人前に出ることは少ない。そのため、代表作の『諸国瀧廻り』を筆頭として、多くの北斎の絵を一度に鑑賞できるこの機会は非常に貴重だ。北斎展は来年1月に終了し、その後もさまざまな企画展が計画されている。


牧野さんは「東洋文庫は日本のアジア史研究の生命線で、引き継いでいくべき宝です。ここを通して、多くの若者にアジアの多様な歴史と文化を知ってほしいです」と語った。(小泉唯斗)


関連記事

2020年7月号No.322「コロナ禍でも学びを提供 東洋文庫の取り組み」

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報