top of page

志水コーチ 水球班躍進のカギを語る

更新日:3月28日


本学体育会水泳部水球班(以下、水球班)は、華々しい活躍で注目を集めている。水球班の飛躍的な結果や結果を生んだ指導方法などについて、水球班専任コーチの志水祐介さんに話を伺った。


水球班は、5月7日から6月12日に開催された関東学生水球リーグ戦二部リーグで優勝。一部リーグの入れ替え戦と、全日本学生選手権(以下、インカレ)への出場が決定した。スポーツ推薦がなく、全国経験のある選手もわずかといったチーム事情ながら結果を残したことは、極めてまれのことだ。このような異例の躍進の背景には、オリンピックに2大会出場した経験を持ち、昨年から水球班のコーチに就いている志水さんの存在が大きい。


志水さんの指導では、選手の自主性や人間性を伸ばすことに重きをおいているという。自主性の面では、目標設定をコーチや監督が決めるのではなく、学生が話し合い自分たちで決める。その上で、志水さんは目標を達成できるように練習を組む。また、フィジカル班をはじめとする班に選手を班分けし、各班のリーダーが目標を決め、練習スケジュールを決めている。人間性の面では、武蔵野市の学校で水泳の派遣授業を行うなど、社会活動に積極的に取り組んでいる。水球班が地域の人から愛され、多くの応援を受ける所以はこうした取り組みにある。志水氏は「単にうまければ良いということではなく、人間性を応援されるような選手になってほしい」と熱意を込めて話す。


快進撃を遂げた水球班について、そのカギに3つの要因を志水さんは挙げた。1つ目は、練習時間の短さだ。志水さんは練習の量より質を重視し、平日の練習時間は2時間としている。この練習時間は、他の大学と比べて明らかに少ない。それでも、短時間で質の良い練習をすることで、目に見える成果を出している。2つ目は、目標設定の高さだ。高い目標を掲げることで、日頃の練習基準の向上につなげている。3つ目は、学園からのバックアップ、応援だ。志水さんは、選手にこのような応援が当たり前ではないと日々呼びかけている。


水球班の練習で最も力を入れているのは基礎練習だそうだ。志水さんがコーチに就任する前の水球班は、練習の強度は高くなかった。しかし、志水さん就任後、基礎練習中心のメニューにシフトした。その結果、半年ほどで土台が完成し、高難度の戦術にも対応できるようになったという。


志水さんの尽力で大きく成長を遂げた水球班の今後の目標は、一部リーグへの昇格とインカレで1勝することだ。志水さんは「いずれは一部リーグで試合結果を残し、インカレでベスト4を獲るチームにする」と語る。志水さんの指導のもと、目標に向かい日々練習を重ねている水球班。今後の活躍にも大いに期待だ。(山本実玖)

0件のコメント

[ウェブ限定]西洋と結びつく落語の変遷

11月23日、紀伊國屋書店新宿本店3階アカデミック・ラウンジにて、本学文学部日本文学科の大橋崇行准教授による講演会が開催。「落語、西洋に出会う。」というタイトルの下、西洋文化が落語に与えた影響や現代における落語の意義などが論じられた。当日の会場には学生、出版関係者など多くの人が足を運び、講演会はほぼ満席の状態で開始した。 落語と聞くと、おそらく多くの人は江戸時代を思い浮かべるのではないだろうか。江

Comments


bottom of page