top of page

安倍氏逝去に伴い献花台設置

7月8日、本学OBで元内閣総理大臣の安倍晋三氏が銃撃され亡くなった。それに伴い、本学は事件当日にホームページにて追悼文を掲載したほか、翌週には学長から在学生に向けてコメントを送った。また、7月12日から30日まで献花台・記帳台の設置と半旗掲揚を実施。9月27日に国葬儀が行われた際にも、半旗を掲揚した。


献花台と記帳台は本館1階のロビーに用意され、日曜日と祝日を除く午前9時から午後5時に開放された。学生や卒業生から献花や記帳などの弔う場を望む声もあり、本学として哀悼の意を表すため、設置する判断に至ったという。


献花台には本学の学生や卒業生のみならず、成蹊学園の児童や生徒、一般の弔問者などが学内外から訪れた。書き込まれた記帳カードは約7600枚にも及ぶ。献花台は初日から献花で埋め尽くされ、当初の4倍の広さまで増設。世代を超えて多くの人が遺影の前で静かに手を合わせた。(遠藤可稀)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

Comments


bottom of page