学生食堂・カフェ リニューアルオープン

学生食堂とカフェ&ホールCOMMichi(以下カフェ)がリニューアルオープンした。メニューや注文システムが一新され、第1学生食堂では座席スペースが拡張されている。現在は学生会館内にある第1・第2学生食堂と、6号館地下1階にあるカフェの3カ所が営業中だ。


第1学生食堂の特徴は、バラエティに富んだメニュー。中でもお薦めは、オムライスをはじめとした卵料理だ。注文が入ってから卵の調理を始めるため、出来たてを味わうことができる。他にもうどんやそばのだしを関西風の味付けにするなど、多くの工夫が凝らされている。第2学生食堂の魅力はトンカツやチキンカツといった揚げ物。定食には白米とみそ汁が付いており、箸が進むこと間違いなしだ。カフェでは、これまで扱ってきた軽食に加えてご飯ものの提供を開始した。野菜が多く使われており、ヘルシーな食事がそろう。カロリーが気になるという人にもうれしいメニューだ。


昨今の時世の影響もあり、第1学生食堂とカフェには呼び出しシステムが導入された。この仕組みが導入されるのは国内の大学では初となる。食券を購入すると厨房に直接注文が入るため、完成までの待ち時間に座席を確保することができる。料理が出来上がるとモニターに食券の番号が表示され、カウンターで料理を受け取れるという仕組みだ。これにより注文の順番を待つ列がなくなり、混雑を緩和する効果が見込まれている。他にも、コンセントを備え付けた座席や交通系ICカード対応の券売機を設置するなど、利用のしやすさを追求した変更がなされた。


コロナ禍による黙食文化が浸透する中、学生に少しでも楽しく食事をしてもらおうと行われた今回のリニューアル。第1学生食堂では安くておいしいご飯が食べられるよう、基本価格を500円以下に設定したという。特に学生応援メニュー「成蹊ランチ」は、低価格ながら栄養バランスが良いため、学生からの人気が期待できる。不慣れな新形式の授業に疲れたときは、ぜひ学生食堂やカフェで英気を養ってほしい。(外山隼也)

コロナ禍のキャンパス 対策施し学生戻る

本学は新型コロナウイルス感染症の流行を受け、昨年度から本年度にかけて多くの問題に対応してきた。その中から、対面形式の授業への移行や課外活動実施の許可、新型コロナウイルスワクチンの職域接種、11月20日と21日に行われる欅祭の4つに注目。北川浩学長に話を伺った。 ▼本年度後期の対面形式の授業の展開 本年度後期には、対面形式の授業を段階的に増やす措置が取られている。実験や実習など対面形式で授業を行うこ

講演会実施 未来社会におけるDXの重要性

10月9日、Society 5.0研究所主催の本年度第1回講演会「DX、データサイエンス、未来社会」がZoomで開催された。この講演会は人材育成の一環で、参加者がデータサイエンスへの理解を深め、Society 5.0が実現する新しい社会を快適に生活できるようにする狙いを持つ。講師は中央大学理工学部教授で、同大学AI・データサイエンスセンター所長の樋口知之氏。本学理工学部准教授の小森理氏が司会を務め