多彩な技で魅了 スケートボード

来年の東京五輪から正式種目に採用されるスケートボード。その魅力について、関連用品の販売を行う「インスタント吉祥寺ストア」の吉田智さんに取材した。


スケートボードは車輪の付いたボードに乗り、技の難度や高さ、スピードを競うスポーツだ。東京五輪では、街中を再現したコースを滑る「ストリート」と、くぼ地状の曲線的で複雑なコースを滑る「パーク」の2種目が行われる。


スケートボードの魅力は多彩な技と芸術性にある。技のオリジナリティーも評価対象であるため、各選手の滑りには個性が出てくるという。観戦する際にはボードの動きに注目すると、プロ選手の技の豊富さが感じられる。また、大会では選手たちの個性溢れるファッションやカラフルなボードも見て取れる。服装や用具に関する規定が少ないこの競技ならではの楽しみだろう。


これまで日本にはスケートボードをできる場所が少なかったが、近年は専用のスケートパークが増え、身近なスポーツになりつつある。しかし、依然として競技人口は少ないままだ。認知度をさらに上げていくことが今後の課題だという。


ボードで宙を舞う姿に魅せられ、スケートボードを始めた吉田さん。東京五輪をきっかけに、多くの人に魅力を知ってもらいたいと期待を寄せる。スケートボードがより身近な存在になる日は近い。(三瓶純一)


競技の魅力を語った吉田さん

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報