多彩な技で魅了 スケートボード

来年の東京五輪から正式種目に採用されるスケートボード。その魅力について、関連用品の販売を行う「インスタント吉祥寺ストア」の吉田智さんに取材した。


スケートボードは車輪の付いたボードに乗り、技の難度や高さ、スピードを競うスポーツだ。東京五輪では、街中を再現したコースを滑る「ストリート」と、くぼ地状の曲線的で複雑なコースを滑る「パーク」の2種目が行われる。


スケートボードの魅力は多彩な技と芸術性にある。技のオリジナリティーも評価対象であるため、各選手の滑りには個性が出てくるという。観戦する際にはボードの動きに注目すると、プロ選手の技の豊富さが感じられる。また、大会では選手たちの個性溢れるファッションやカラフルなボードも見て取れる。服装や用具に関する規定が少ないこの競技ならではの楽しみだろう。


これまで日本にはスケートボードをできる場所が少なかったが、近年は専用のスケートパークが増え、身近なスポーツになりつつある。しかし、依然として競技人口は少ないままだ。認知度をさらに上げていくことが今後の課題だという。


ボードで宙を舞う姿に魅せられ、スケートボードを始めた吉田さん。東京五輪をきっかけに、多くの人に魅力を知ってもらいたいと期待を寄せる。スケートボードがより身近な存在になる日は近い。(三瓶純一)


競技の魅力を語った吉田さん

最新記事

すべて表示

武蔵野総合体育館 運動紹介動画を配信

自宅にいる時間が増え、運動不足に悩む学生も多いだろう。そのような人たちに向けて武蔵野総合体育館は、室内でできる運動をYouTubeで紹介している。動画について、武蔵野生涯学習振興事業団の川崎洋平さんに話を伺った。 「おうちで運動」シリーズは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請を機に配信を始めた動画だ。このシリーズでは「おとな向け」「こども向け」「幼児向け」の三つのカテゴリーを設定。それ

チームの絆を深める 成蹊レガッタ

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、今年の学内競漕大会(以下成蹊レガッタ)は開催中止となった。悪天候以外の原因による中止は今回が初めてだという。 レガッタとは、ボートを複数人でこいで行うレース競技のことだ。成蹊レガッタは男子・女子・混合の3部門に分かれており、5人一組でエントリーできる。例年約400人もの学生が参加する、本学を代表する行事の一つだ。 第1回大会はボート部の働き掛けにより、1

  • 成蹊大学新聞会公式ツイッター

Copyright © Seikei university Press All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon