国家資格取得 旅行経験生かし

現在、旅行は感染症対策を徹底した上で再開されつつあり、旅行業界も盛り上がりを見せ始めている。そんな旅行業界の中には「国内旅行業務取扱管理者」という国家資格がある。この資格を取得したのが杉山響さん(法律4)だ。


同資格は、国内旅行についての業務を行う営業所で、取引や旅行の安全性などの管理や監督をすることを目的に作られている。特に旅行計画の作成や運賃の計算、送迎バスの手配などでは責任者となる。試験の科目は「旅行業法及びこれに基づく命令」「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」「国内旅行実務」の3つだ。この3つの科目全てにおいて100点中60点を取得することで合格となる。合格率は約4割だ。


杉山さんは、スーパーマーケットに置かれた通信講座のチラシでこの資格の存在を知った。試しに過去問題を解いたところ手応えを感じ、受験を決めた。試験科目の中でも最も難しいとされるのは「国内旅行実務」だが、杉山さんは昔からよく家族旅行や一人旅に行っており、この経験が合格につながったという。日本全国の地理や観光地の名称と位置などを知っていたため取得に有利に働いた。雑誌を読むことだけにとどまらず、自分の目と足を使って観光地の地理や景色を頭の中に入れることが、合格への近道だったと話す。


杉山さんの就職先は旅行業界の企業ではない。しかし、ゼミ合宿や入社後の社員旅行のコーディネートを担うことで、周りの人と旅行を計画する際のサポートを行いたいという。そして、将来は転職や起業を行い、旅行会社で自分の企画したツアープランを販売したいと考えている。コロナ禍においては生活の制限が多いが、今自分にできることを探して実行することで、一生役に立つ力を得るチャンスとなる。(永松由衣)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報