top of page

台湾の大学が協定留学先に追加

更新日:2020年5月20日

 本学の協定校に台湾の淡江大学、実践大学、文藻外語大学が加わった。これまで中国語圏の協定校は、中国本土に限定されていた。今後は台湾への協定留学や、交換留学生との交流が実現する。

 上記の大学では、中国語の学修に加え、専門科目の講義が英語で行われる。言語の運用能力向上も期待できるだろう。特に実践大学は英語、文藻外語大学は中国語の修得に力を入れている。一方、淡江大学は台湾最古の歴史を誇る私立の総合大学だ。さまざまな分野を幅広く学修できる環境が整っている。また、同大学は本学以外の日本の大学とも協定を締結しており、日本人学生と交流する機会が多い。寮に住む学生もおよそ半数が日本人であるため、トラブルが発生した際の相談は容易だ。安心して留学生活を送ることができる。

 各大学への派遣期間は、半年間または1年間。文藻外語大学は来年度の春、淡江大学と実践大学は来年度秋の派遣開始を予定している。国際課の安井良次課長は「台湾では中国語と英語が学べるため、留学先として良い環境だ。この機会にぜひ挑戦してほしい」と語った。(大原将世)



新規協定校の実践大学

ミス成蹊コンテスト2023 テーマは『ailes』

欅祭2日目・19日の午後に、ミス成蹊コンテスト2023が本学の大講堂にて開幕する。観覧には事前チケットが必要だ。本番はYouTube配信も行われる。今年のコンテストテーマは「ailes」。フランス語で「翼」を意味し、「磨き上げられた個性と魅力が一枚一枚の羽となり、やがて大きな翼となって、輝かしい未来に羽ばたいていってほしい」という思いが込められている。ファイナリストの高橋遥花さん(英語英米3)、田

2023年7月号 並木道

最近、ある言葉を何度も口に出していることに気が付いた。ちょうどこの文章を書く直前にも、その言葉を口にした。「忙しい」、「時間がない」だ。 「タイパ」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは「タイムパフォーマンス」の略称で、かけた時間に対する効果を指す時間対効果のことだ。昨今、動画コンテンツの倍速視聴をはじめ、日常生活におけるタイパ重視の傾向が見られる。 その一方で、タイパ重視によって時間に追わ

bottom of page