台湾の大学が協定留学先に追加

更新日:2020年5月20日

 本学の協定校に台湾の淡江大学、実践大学、文藻外語大学が加わった。これまで中国語圏の協定校は、中国本土に限定されていた。今後は台湾への協定留学や、交換留学生との交流が実現する。

 上記の大学では、中国語の学修に加え、専門科目の講義が英語で行われる。言語の運用能力向上も期待できるだろう。特に実践大学は英語、文藻外語大学は中国語の修得に力を入れている。一方、淡江大学は台湾最古の歴史を誇る私立の総合大学だ。さまざまな分野を幅広く学修できる環境が整っている。また、同大学は本学以外の日本の大学とも協定を締結しており、日本人学生と交流する機会が多い。寮に住む学生もおよそ半数が日本人であるため、トラブルが発生した際の相談は容易だ。安心して留学生活を送ることができる。

 各大学への派遣期間は、半年間または1年間。文藻外語大学は来年度の春、淡江大学と実践大学は来年度秋の派遣開始を予定している。国際課の安井良次課長は「台湾では中国語と英語が学べるため、留学先として良い環境だ。この機会にぜひ挑戦してほしい」と語った。(大原将世)



新規協定校の実践大学

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報