台湾の大学が協定留学先に追加

最終更新: 5月20日

 本学の協定校に台湾の淡江大学、実践大学、文藻外語大学が加わった。これまで中国語圏の協定校は、中国本土に限定されていた。今後は台湾への協定留学や、交換留学生との交流が実現する。

 上記の大学では、中国語の学修に加え、専門科目の講義が英語で行われる。言語の運用能力向上も期待できるだろう。特に実践大学は英語、文藻外語大学は中国語の修得に力を入れている。一方、淡江大学は台湾最古の歴史を誇る私立の総合大学だ。さまざまな分野を幅広く学修できる環境が整っている。また、同大学は本学以外の日本の大学とも協定を締結しており、日本人学生と交流する機会が多い。寮に住む学生もおよそ半数が日本人であるため、トラブルが発生した際の相談は容易だ。安心して留学生活を送ることができる。

 各大学への派遣期間は、半年間または1年間。文藻外語大学は来年度の春、淡江大学と実践大学は来年度秋の派遣開始を予定している。国際課の安井良次課長は「台湾では中国語と英語が学べるため、留学先として良い環境だ。この機会にぜひ挑戦してほしい」と語った。(大原将世)



新規協定校の実践大学

最新記事

すべて表示

武蔵野総合体育館 運動紹介動画を配信

自宅にいる時間が増え、運動不足に悩む学生も多いだろう。そのような人たちに向けて武蔵野総合体育館は、室内でできる運動をYouTubeで紹介している。動画について、武蔵野生涯学習振興事業団の川崎洋平さんに話を伺った。 「おうちで運動」シリーズは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請を機に配信を始めた動画だ。このシリーズでは「おとな向け」「こども向け」「幼児向け」の三つのカテゴリーを設定。それ

チームの絆を深める 成蹊レガッタ

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、今年の学内競漕大会(以下成蹊レガッタ)は開催中止となった。悪天候以外の原因による中止は今回が初めてだという。 レガッタとは、ボートを複数人でこいで行うレース競技のことだ。成蹊レガッタは男子・女子・混合の3部門に分かれており、5人一組でエントリーできる。例年約400人もの学生が参加する、本学を代表する行事の一つだ。 第1回大会はボート部の働き掛けにより、1

  • 成蹊大学新聞会公式ツイッター

Copyright © Seikei university Press All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon