top of page

卓球男子D 巧みなプレーで準優勝

【22日 卓球場】

一般種目卓球男子ダブルスには伊佐次宏祥選手(総合経営3)と伊藤篤史選手(経済経営4)のペアが出場。3ゲーム先取で戦い、準優勝を果たした。


《試合結果》

○3-1 対武蔵

●1-3 対学習院


決勝の学習院戦、本学は第1、2ゲームを立て続けに奪われ窮地に陥る。第3ゲームでは序盤に主導権を握り5-2とするも、逆転され相手にゲームポイントを許す。しかし、伊佐次選手の回転のかかったサーブや伊藤選手の粘り強いショットが光り、土壇場でデュースに持ち込んだ。一進一退の攻防の中、会場の声援もプレーを勢いづけ連続得点。終盤に正確なラケットさばきを見せた本学が12-10で第3ゲームを取った。第4ゲームを落とし試合には敗れたものの、準優勝と奮闘した。


試合後、伊佐次・伊藤ペアは「学習院に負けたのは悔しかった。しかし予選は勝ち上がれたので良かった」とコメントした。(万浪耀)

7月8日、本学OBで元内閣総理大臣の安倍晋三氏が銃撃され亡くなった。それに伴い、本学は事件当日にホームページにて追悼文を掲載したほか、翌週には学長から在学生に向けてコメントを送った。また、7月12日から30日まで献花台・記帳台の設置と半旗掲揚を実施。9月27日に国葬儀が行われた際にも、半旗を掲揚した。 献花台と記帳台は本館1階のロビーに用意され、日曜日と祝日を除く午前9時から午後5時に開放された。

bottom of page