top of page

ラグビー 果敢に攻め込み 対抗戦グループB優勝

《試合結果》

〇49-3 対明治学院大


11月27日、セナリオハウスフィールド三郷にて関東大学ラグビー対抗戦グループB最終節が行われた。本学はここまで全勝し、6勝0敗。同じく首位の明治学院大とグループB優勝を賭けた一戦に臨んだ。

試合は本学のキックオフで始まった。開始早々、本学は敵陣に順調に攻め込むとゴール付近でスクラムやモールを組み、少しずつ前進する。前半9分、粘り強くタックルで押し込み、LO荒川紘章(物質生命4)がトライ。コンバージョンキックも決め7点を先制する。その後、拮抗した展開となるが、32分にFL井上雄太(経済数理2)が再びトライを決め14-0に。37分には相手にペナルティーキックの機会が与えられ、3点を取られてしまうも、攻めの姿勢を崩さず得点を追加。21-3と相手を大きく引き離した。


後半に突入し本学がオフェンスの4分、CTB髙島大聖(法律2)が相手のタックルを華麗にすり抜けて進み、トライを決めることに成功。本学は15分にも得点を挙げ、35-3と順調に点を重ねた。ディフェンスでは強烈なタックルやスクラムで押し返し、鉄壁の防御で相手の得点を阻止する。25分には、CTB諸藤陸(経済経営4)が相手に奪われたボールを、パス回しの隙を突いて奪い返す好プレーを見せた。その後も本学の勢いは止まらない。27分にも得点を追加し、42-3と点差をさらに広げる。33分には駄目押しのトライをSH高村瑛志(法律4)が決め、勝利を確実なものにした。最後まで相手の攻撃をしのぎ49-3でノーサイド。見事グループB優勝を果たした。


主将の諸藤は「今試合では、明治学院大を相手にノートライで抑えることができた。まずはチームの目標の一つだったグループB優勝を達成でき、安心感と達成感がある」と成果を語った。この勝利により、本学は12月12日のグループAとの入替戦に駒を進めることになったが、敗退。グループB残留が決まった。(篠田悠斗)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

Comments


bottom of page