top of page

ラグビー 入替戦勝利で昇格果たす

《試合結果》

〇29-17 対日本体育大

12月10日、熊谷ラグビー場にて2022年度関東大学ラグビーA・Bグループ対抗戦入替戦が行われた。対抗戦Bグループを全勝した本学。昇格をかけて日本体育大との決戦に臨んだ。



試合は開始から本学のペースで進む。

ゲームが動いたのは前半14分。モールから左サイドへパスが回ると、SO菊本有真(法律1)が弾道の低いパントキックをする。そのボールを走り込んできたFB近藤大我(現代経済3)がキャッチ。見事な連携に会場が沸く中、そのまま近藤が抜け出してトライを決め、キックと合わせて7-0と先制した。さらに前半27分には、菊本のペナルティーゴールで追加点を奪った。その後は相手に押し込まれるシーンが増えたが、果敢なタックルと組織的な守備で相手の得点を許さない。前半37分には再び

ペナルティーゴールで得点し、13-0で前半を折り返す。


後半4分、相手にトライを許し13-7と点差を詰められる。しかし本学もすぐさま反撃を開始。後半9分に右サイドでモールを押し込むと、HO志村爽太郎(経済経営4)がトライに成功した。さらに本学のペナルティーゴールと相手のトライも加わり21-12に。突き放したい本学は後半38分にスクラムを形成。攻めを意識して態勢を再構築すると、SO髙島大聖(法律3)からのパスが左サイドを駆け上がってきたWTB瀧澤日々輝(現代経済1)につながる。瀧澤は相手のタックルを振り切ると、インゴールに飛び込みトライ。気迫あふれるプレーで26-12とリードを広げた。その後失点はしたものの、本学がペナルティーゴールを決めたところでノーサイド。29-17で勝利し、悲願の対抗戦Aグループ昇格を果たした。


主将の伊藤大吉(システム4)は「日々磨いた忍耐力と運が勝因。支援していただいた全ての人に感謝したい」とコメントした。今年で創部100年となるラグビー部。対抗戦Aグループでの戦いが楽しみだ。                        (三瓶純一)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

Comments


bottom of page