top of page

ラグビー部春季大会を振り返る

更新日:3月28日

本学ラグビー部が春季大会の全日程を終えた。シリーズ「オシエテ!成蹊ラグビー」の第2回となる7月号では、春季大会の成績などについて主将の髙島大聖さん(法律4)に話を聞いた。


今年度の春季大会の成績は5戦全敗と悔いの残る結果となった。プレー精度が課題として浮上した一方、強豪にもフィジカル面で通用する場面も見られた。格上の相手に手が届く実感は「チームのモチベーションにとって良い収穫だった」と髙島さんは振り返る。


春季大会で活躍した選手には、CTB小口鉄平選手(物質生命3)を挙げた。高精度な基礎プレーを始め、強靭な精神力や冷静な判断力などでチームに貢献。ミスが少なくなかった本学において、プレー精度の高い小口選手はチームの支柱になっていたという。


春先に掲げた「全員で立ってプレーするラグビー」が体力面で芽を出すなど、着実に成長を続ける本学ラグビー部。髙島さんは「夏を通して課題を改善し、秋の対抗戦Aグループでは成蹊の名をとどろかせられるように頑張りたい」と意気込んだ。(万浪耀)

0件のコメント

[ウェブ限定]西洋と結びつく落語の変遷

11月23日、紀伊國屋書店新宿本店3階アカデミック・ラウンジにて、本学文学部日本文学科の大橋崇行准教授による講演会が開催。「落語、西洋に出会う。」というタイトルの下、西洋文化が落語に与えた影響や現代における落語の意義などが論じられた。当日の会場には学生、出版関係者など多くの人が足を運び、講演会はほぼ満席の状態で開始した。 落語と聞くと、おそらく多くの人は江戸時代を思い浮かべるのではないだろうか。江

Kommentare


bottom of page