top of page

ポケモン剣盾で対戦

編集長の岡本です。

夏休みから、Nintendo Switch「ポケットモンスター ソード」にはまっています。

最後にポケモンをプレイしたのは2010年発売の「ブラック」だったので、約10年振り。

昔はクリスマスプレゼントを前倒しして家族に買ってもらっていましたが、今回はSwitch本体も含め自費で購入でき、大人になったなあと感じました。物語について考察できるようになったり、主人公だけでなくライバルの気持ちも想像できるようになってきたりしたことも成長した点です。


先日、会長の倉田とオンラインで対戦しました。

結果…ボロ負け。

ゲーム本編を進めるにあたって「自分が倒される前に相手を倒せば良いだけだ」と思って好きなポケモンだけでパーティを組んでいたため、当然と言えば当然です。

ただ、威力のある技を受けた時も耐えてくれた私のポケモンたちに、さらに愛着が湧きました。一撃で倒れてしまったとしてもそれが愛嬌…手持ちからは外しますが、今後も一緒にボール遊びする所存です。


対戦終了後には各種メタモンをもらいました。非常にありがたいです。

本気で育成して次は勝ちます。

(ゲーム内でのファッションセンスは私の圧勝だったと勝手に思っています)

2023年11月号 Editor's Voice

改革の年。そう宣言してこの1年間、編集人として活動してきた。 新聞が学生に読まれなくなってきている今こそ、組織から変わるべきだと信じたからだ。改革に当たり、部員には負担をかけてしまったと反省している。しかし、この1年間で私は、プレッシャーに負けない人の底力を多く目の当たりにしてきた。 よい道筋であったと思われれば幸いだ。(編集人 川船英紀)

編集長の独り言日記 2023/7/19

最近はスーパーエルニーニョ現象のせいか、最高気温が30℃を超える日々が続いている。 期末課題が溜まっている中、今日も部室に足を運ぶ。 今日は2023年7月号が部室に届く。 4月号の反省を活かせたからか、大きな問題もなく終わらせたことは良かったと思う。 しかし、最近は違う問題に悩まされている。 当会の財政問題だ。 このような場で言うことではないかもしれないが、危機的状況にある。 先日は大学側に援助を

2023年1月号 Editor's Voice

編集人として、逆境に挑む人の記事を数多く見てきた。 彼らに共通していたのは、苦しい時こそできることを考え、仲間と助け合う姿であった。そしてそれは、私が目指した編集人像とも重なる。私も、逆境に負けない編集人になれただろうか。(編集人 外山隼也)

Comments


bottom of page