top of page

パンフルートコンサート開催

12月13日、学生のパンフルートグループによるクリスマスコンサートが、本館大講堂にて開催された。本コンサートは、本学東京オリパラプロジェクトルーマニア交流事業の一環だ。本学学生と教職員、招待者のみに来場者を制限。YouTubeでのライブ配信も行われた。


本コンサートでは、長さや太さが異なる竹製のパイプを束ねた、ルーマニア伝統の管楽器であるパンフルートを演奏した。前半は『アメイジング・グレイス』や『きよしこの夜』といったクリスマスソング、後半は日本の唱歌やルーマニア民謡などを披露。最後には、同グループ指導者の櫻岡史子さんとグループメンバーの合同演奏で会場を盛り上げた。


出演した加藤由布子さん(法律4)は「学内で開催できたため、この楽器を知らない人にも演奏を届けられた」と語った。後日、本学公式YouTubeチャンネルにて演奏のアーカイブ配信が行われる予定だ。(梶祐希)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

コメント


bottom of page