top of page

バレーボール男子 フルセットの末 優勝

【21日 大学体育館】

一般種目バレーボール男子の試合が行われ、成蹊Aが優勝した。試合は25点先取の3セットマッチで、最終セットのみ15点先取で勝敗を決める。


《試合結果》

○2-0 対成城B

○2-0 対学習院B

○2-1 対学習院A


本学のサーブから始まった成城B戦。森川皓平選手(現代社会4)のサービスエースから流れを作り、25-12と大差をつけ第1セットを終える。第2セットでも勢いは衰えず、25-12で初戦に勝利した。


準決勝、第1セット中盤に連携プレーが決まらない場面が見られたが、その後はツーアタックやクイックなど巧みな戦術によって、25-19でこのセットを終える。第2セットでは、途中14-14と互いに譲らない展開になるも、終盤に試合の流れをつかみ25-18で勝利。決勝へと駒を進めた。

続く決勝戦。ミスや相手のフェイントに翻弄され、19-25で第1セットを落とす。しかし第2セットからは、正確なプレーを心掛けた本学の反撃が始まる。江南優寅選手(経済経営4)の左サイドからの強烈なスパイクや、2枚そろえることを意識した手堅いブロックで得点を重ね、25-21で第2セットを制した。勢いに乗った本学は第3セットでも攻守に躍動。15-6と大差で勝利し、念願の優勝を決めた。


試合後、主将の市川英太郎選手(情報科4)は「決勝戦は序盤にミスが多かったが、徐々にミスを減らし第3セットでは差をつけて勝利できた。来年も優勝してほしい」と期待を寄せた。(佐藤樹)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

コメント


bottom of page