バスケットボール 大差で連勝 2次トーナメント進出

11月13日、14日に本学体育館にて第97回関東大学バスケットボールリーグ戦Dブロック(4部)が行われた。初戦から白星を挙げている本学は、2試合とも白熱した戦いを繰り広げ、粘り強いプレーで見事勝利。4部の各ブロック上位2チームが進出できる2次トーナメントへの切符を手にした。


▼横浜市立大戦

《試合結果》

〇81-68 対横浜市立大


ジャンプボールを取った本学の先制点で幕を開けた。アウトサイドから積極的に攻撃を仕掛け、PF中嶋康介(政治3)の3ポイントシュートが決まる。ディフェンス面では粘り強いマークにより相手のミスを誘うと、攻撃でも主導権を握った。リバウンドも確実に取り、反撃の隙を与えず13-8と点差を広げる。さらにPG竹内俊貴(経済経営4)のレイアップシュートを皮切りに連続得点を決め、21-10で第1ピリオドを終えた。第2ピリオド前半でも、試合を有利に進める。C近藤怜己(法律1)が相手選手に当たりながらもゴール下からシュートを決め、一時は32-19と点差を大きく引き離した。しかし、後半に入り反則を重ね、チームファウルが5回となる。そのまま連続で失点し、相手の勢いを抑えられずに点差を縮められる。37-34で前半を折り返した。


第3ピリオドでは、攻守の入れ替わりが激しさを増した。本学は、徹底したマークで相手選手をインサイドに入らせない。しかし、第2ピリオドのファウルが響き、果敢に攻めることができず40-40で同点に。近藤が得点を決めて引き離そうとするも、リバウンドを多く取られ、54-55と逆転を許してしまう。運命の第4ピリオド。悪い流れを断ち切りたい本学は、早々にフリースローのチャンスをつかむ。これを2本とも決め、さらにSF間野剣心(経済経営4)が3ポイントシュートを入れ59 - 55 と逆転を果たした。流れを味方に付けると、スチールや相手のミスから攻撃に転じる。リバウンドシュートで点を重ね、リードを広げていく。残りの30 秒も守り切り、81-68 で勝利を収めた。