top of page

バスケットボール女子 初戦敗れるもつかみとった3位

【23 日 大学体育館】

一般種目バスケットボール女子の試合が行われた。本学は3位決定戦に勝利し3位。試合は8分間ずつの4ピリオド制で勝敗を決める。


《試合結果》

●29-38 対学習院

○42-27 対武蔵


初戦の学習院戦は大きくリードを許す展開に。第2ピリオドでは長坂百合香選手(政治2)が3ポイントシュートを決め16-23と点差を縮める。続く第3ピリオドでは積極的に攻撃を仕掛けるが、得点に結びつかない。最終ピリオドにはリバウンドシュートで点を重ねるも、29-38 で敗北した。


3位決定戦の武蔵戦は、幸先の良いスタートとなる。しかしその後は一進一退の攻防が続き、第3ピリオド終了時には、24-20と4点差まで迫られた。もう後がない第4ピリオド、本学は谷合三知選手(法律3)のレイアップシュートを機に反撃を始める。ラスト2分間は堅守で得点を許さず、さらに相手を突き放した。加藤愛華選手(政治3) の3ポイントシュートで試合は終了。42-27で本学が勝利した。


試合後、主将の丸山絢女選手(政治3)は「普段はメンバー全員で集まることがないので、楽しく試合ができた。今後は後輩に頑張ってもらいたい」と笑みを浮かべた。(掛札若奈)

7月8日、本学OBで元内閣総理大臣の安倍晋三氏が銃撃され亡くなった。それに伴い、本学は事件当日にホームページにて追悼文を掲載したほか、翌週には学長から在学生に向けてコメントを送った。また、7月12日から30日まで献花台・記帳台の設置と半旗掲揚を実施。9月27日に国葬儀が行われた際にも、半旗を掲揚した。 献花台と記帳台は本館1階のロビーに用意され、日曜日と祝日を除く午前9時から午後5時に開放された。

bottom of page