top of page

サッカー 果敢な攻めで決勝制す

【21日 北グラウンド】

一般種目サッカーは、成蹊Bが決勝戦で学習院Bを破り優勝。試合は20分ハーフの計40分で行われた。


《試合結果》

○3-0 対学習院A

○1-0 対武蔵B

○2-0 対学習院B


サッカー 果敢な攻めで決勝制す


【21日 北グラウンド】

一般種目サッカーは、成蹊Bが決勝戦で学習院Bを破り優勝。試合は20分ハーフの計40分で行われた。


《試合結果》

○3-0 対学習院A

○1-0 対武蔵B

○2-0 対学習院B


サッカー 果敢な攻めで決勝制す


【21日 北グラウンド】

一般種目サッカーは、成蹊Bが決勝戦で学習院Bを破り優勝。試合は20分ハーフの計40分で行われた。


《試合結果》

○3-0 対学習院A

○1-0 対武蔵B

○2-0 対学習院B


本学は全試合を通し前半から積極的にプレッシャーをかけ、相手に落ち着く余裕を与えない。決勝戦でも開始から安定した試合運びを見せる。一方で相手の堅固な守備を崩し切れず、両チーム拮抗した展開が続く。前半16分、ディフェンスラインを上げていた相手の意表を突き、左ウイングにロングパスが通る。ドリブルからそのままシュートを放つも、下がってきた相手DFに当たり、GKに防がれてしまう。得点を奪えず、前半は0-0に終わった。


後半開始早々、本学はコーナーキックのチャンスを獲得する。森田脩平選手(総合経営3)が左サイドから放ったボールを、ファーサイドにいた長塚十太選手(日本文3)がヘディングで押し込みゴール。本学が待望の先制点を奪った。さらに後半8分、中田大智選手(経済数理1)が右サイドでパスを受けると、持ち前のフィジカルを生かしたドリブルで相手ゴールに迫る。そのままゴールエリア内から豪快なシュートを決め、2-0となった。相手のプレッシャーが強まる中、後半15分には本学がファウルをとられピンチを招く。フリーキックによるセンタリングから相手にシュートを放たれるも、ゴールポストに当たり難を逃れる。そのまま逃げ切り2-0で優勝を飾った。


試合後、主将の小澤南斗選手(法律2)は「3年生にとって最後の大会だったので、顔を立てることができてよかった」と語った。(鈴木恭輔)本学は全試合を通し前半から積極的にプレッシャーをかけ、相手に落ち着く余裕を与えない。決勝戦でも開始から安定した試合運びを見せる。一方で相手の堅固な守備を崩し切れず、両チーム拮抗した展開が続く。前半16分、ディフェンスラインを上げていた相手の意表を突き、左ウイングにロングパスが通る。ドリブルからそのままシュートを放つも、下がってきた相手DFに当たり、GKに防がれてしまう。得点を奪えず、前半は0-0に終わった。


後半開始早々、本学はコーナーキックのチャンスを獲得する。森田脩平選手(総合経営3)が左サイドから放ったボールを、ファーサイドにいた長塚十太選手(日本文3)がヘディングで押し込みゴール。本学が待望の先制点を奪った。さらに後半8分、中田大智選手(経済数理1)が右サイドでパスを受けると、持ち前のフィジカルを生かしたドリブルで相手ゴールに迫る。そのままゴールエリア内から豪快なシュートを決め、2-0となった。相手のプレッシャーが強まる中、後半15分には本学がファウルをとられピンチを招く。フリーキックによるセンタリングから相手にシュートを放たれるも、ゴールポストに当たり難を逃れる。そのまま逃げ切り2-0で優勝を飾った。


試合後、主将の小澤南斗選手(法律2)は「3年生にとって最後の大会だったので、顔を立てることができてよかった」と語った。(鈴木恭輔)本学は全試合を通し前半から積極的にプレッシャーをかけ、相手に落ち着く余裕を与えない。決勝戦でも開始から安定した試合運びを見せる。一方で相手の堅固な守備を崩し切れず、両チーム拮抗した展開が続く。前半16分、ディフェンスラインを上げていた相手の意表を突き、左ウイングにロングパスが通る。ドリブルからそのままシュートを放つも、下がってきた相手DFに当たり、GKに防がれてしまう。得点を奪えず、前半は0-0に終わった。


後半開始早々、本学はコーナーキックのチャンスを獲得する。森田脩平選手(総合経営3)が左サイドから放ったボールを、ファーサイドにいた長塚十太選手(日本文3)がヘディングで押し込みゴール。本学が待望の先制点を奪った。さらに後半8分、中田大智選手(経済数理1)が右サイドでパスを受けると、持ち前のフィジカルを生かしたドリブルで相手ゴールに迫る。そのままゴールエリア内から豪快なシュートを決め、2-0となった。相手のプレッシャーが強まる中、後半15分には本学がファウルをとられピンチを招く。フリーキックによるセンタリングから相手にシュートを放たれるも、ゴールポストに当たり難を逃れる。そのまま逃げ切り2-0で優勝を飾った。


試合後、主将の小澤南斗選手(法律2)は「3年生にとって最後の大会だったので、顔を立てることができてよかった」と語った。(鈴木恭輔)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

留言


bottom of page