サッカー 一時逆転も青山学院大に引き分ける

《試合結果》

△3-3 対青山学院大


6月12日、第54回東京都大学サッカーリーグ戦1部第10節が行われた。同リーグでいまだに白星のない本学は、今季初勝利を目標に青山学院大戦へ臨む。


開始直後は互いに攻めきれず拮抗した展開となったが、前半20分に相手に先制点を許す。さらに、センターラインからドリブルで攻め上がってきた相手選手を倒してしまい、PKで0-2と点差を広げられた。流れを変えたい本学は、前半33分敵陣ゴール前でボールを奪い絶好のチャンスを得る。シュートを相手GKに止められるも、このプレーを皮切りに本学の反撃が始まった。前半36分、敵陣左奥でMF芥川和志(経済経営3)がゴール前に絶妙なパスを供給する。アシストを受けたDF加島大貴(政治4)がゴールへ押し込み1点を返した。その後得点はなかったが、本学のペースのまま前半を1-2で折り返す。


後半、本学は前半終了間際の勢いをそのままに、追加点を目指す。後半6分、敵陣右奥から上がったセンタリングに、MF大峡龍冴(経済経営3)が合わせにいくと、相手のファウルでPKを獲得。冷静に決め、2-2の同点に追い付いた。本学はボールをキープし続け、相手に攻撃のチャンスを与えない。そして後半22分、加島が大峡のコーナーキックに合わせ相手ゴールのネットを揺らす。3-2と逆転に成功した。その後も本学は、守備の手を緩めることなく相手の猛攻を退ける。しかし、試合終了間際にディフェンスが崩れ失点。同点に追い付かれ、3-3の引き分けとなった。


序盤は相手チームのペースで試合が進み、攻めきれない場面もあった。しかし、2点ビハインドから逆転するという本学の底力を感じる試合展開となった。今後の同リーグでの本学の活躍に注目したい。(田中智也)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報