コロナ禍の本学 基本的な対策を

昨年1月15日に国内で確認され、今なお世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症。本学における累計感染報告者数は、学生65人、教職員5人の計70人だ(昨年4月1日から今年6月16日まで)。本年度の感染報告者数は、昨年度と比較して増えている。


本学は、本年度から積極的に対面授業を取り入れているが、対面授業等において感染が拡大した事例はまだない。ただし、休み時間中のマスクを外しての会話や課外活動後の会食など、時間や場所が変わると気が緩み、予防行動が疎かになる傾向が見られる。感染症対策は、集団で継続して行うことでより効果を発揮する。大学という集団に所属する者として、必要時にマスクを着用し三密を避けるなどの基本的な感染対策を徹底し、継続していくことが重要だ。


感染、発症した場合には本学ホームページに掲載されている「新型コロナウイルス感染症罹患報告フォーム」への入力が求められている。個人情報が公開されることはないため、できる限り正確な情報を提供することが望ましい。また、濃厚接触者となった場合や発症し感染が疑われている場合も、同じく本学ホームページに掲載されているフローに従って行動してもらいたい。


新型コロナウイルス感染症の社会的な影響力の強さから、感染した際に過度な罪悪感を抱いてしまう人もいる。しかし、感染したこと自体が悪いのではない。感染拡大を避けるために何をするのかが重要だ。本学保健室の古川幸意さんと法性玲子さんは「社会が集団免疫を獲得するまで、また変異株拡大の危惧もあるため引き続き基本的な感染症対策を実行してほしい」と語った。心の相談窓口としては学生サポートセンターを利用することもできるという。(増地未央)

3月4日、アドミッションセンターが2022 年度本学一般入試の志願者数を公開した。新型コロナウイルス感染症流行下における入試は、本年度で2年目を迎える。本年度の志願者数は1万9475 人。1万8641 人だった昨年度と比べて800 人以上増加した。学部別に見ると、経済学部は542 人減の2948 人、経営学部は214 人減の3425 人、法学部は641 人増の4382人、文学部は8人減の3706

北京冬季五輪が閉幕して1ヶ月半が経とうとしている。日本人選手の活躍が連日伝えられ、日本は冬季五輪史上最多のメダルを獲得した。今回の大会で私が最も印象に残ったのは、フィギュアスケート男子シングルに出場した羽生結弦選手だ。 羽生選手は4位に終わり、惜しくもメダル獲得には至らなかった。しかし、体が万全でない状態でありながら、前人未到の大技に挑戦する姿は、世界中の人々に勇気と感動を与えた。試合後に彼は「報