オンラインで楽しむ国際交流

新型コロナウイルスの流行により国を跨いだ移動が難しくなった。しかし、本学で行えるオンラインの国際交流は存在する。今回、そのような取り組みのうちZoom Chatと、オンライン春期短期留学プログラムについて紹介する。


Zoom Chatでは、英語教員や協定留学生との英会話が楽しめる。従来対面で昼休みに行われていたEnglish Chat Timeのオンライン版で、本学の入構制限に伴い昨年度後期に導入された。学生は事前に設定されたZoomミーティングにアクセスすることで利用できる。11~12月に全34セッションを実施し、延べ139人が参加。対面式よりも緊張せず、気軽に交流できると好評だったという。Zoom Chatは英語を話す場だけではなく、他学部、他学年との交流を図る場としても大きな意義を持つ。今後もオンラインならではの利点を生かし、トークテーマを設定する、開催枠の時間帯を増やすなど、より参加者のニーズに合わせた機会を提供していく予定だ。


オンライン春期短期留学プログラムは対面での短期留学の中止を受け、本学と協定を結ぶ6大学1団体が、それぞれ提供する取り組みだ。プログラムごとに実施内容や費用が異なることから、一人一人が自分に合った最適なものを選ぶことができる。短期留学を希望する学生にとっては魅力的な試みだ。なお、既に終了しているものもあるため申し込みには注意してほしい。


直接人と会うことや移動が制限される今日、当面はオンラインでの国際交流が継続されるだろう。Zoom Chatや、協定留学生が日本語で受講する際のボランティアなど、国際教育センターが提供するプログラムについてはSEIKEI PORTALで告知される。同センターの安井良次課長は「オンラインで現地の授業を受講したり、留学生との交流を楽しんだりする学生もいる。できることはたくさんあるため、自身が興味の持てる国際交流の場を見つけてほしい」と語った。人と対面で話すことが少なくなりつつある今でこそ、オンラインで行える国際交流の機会を活用してみてほしい。(田尻那奈海)

コロナ禍のキャンパス 対策施し学生戻る

本学は新型コロナウイルス感染症の流行を受け、昨年度から本年度にかけて多くの問題に対応してきた。その中から、対面形式の授業への移行や課外活動実施の許可、新型コロナウイルスワクチンの職域接種、11月20日と21日に行われる欅祭の4つに注目。北川浩学長に話を伺った。 ▼本年度後期の対面形式の授業の展開 本年度後期には、対面形式の授業を段階的に増やす措置が取られている。実験や実習など対面形式で授業を行うこ

講演会実施 未来社会におけるDXの重要性

10月9日、Society 5.0研究所主催の本年度第1回講演会「DX、データサイエンス、未来社会」がZoomで開催された。この講演会は人材育成の一環で、参加者がデータサイエンスへの理解を深め、Society 5.0が実現する新しい社会を快適に生活できるようにする狙いを持つ。講師は中央大学理工学部教授で、同大学AI・データサイエンスセンター所長の樋口知之氏。本学理工学部准教授の小森理氏が司会を務め