top of page

オシエテ!成蹊ラグビー 第1回 記者が迫る!ラグビー部



入替戦にて立教大学に劇的な逆転を許してから早くも3年。本学ラグビー部は、関東大学ラグビー対抗戦Aグループに返り咲いた。今年度創設100周年という節目を迎える中、再度最高峰での戦いに挑む彼らを、今月号より1年間にわたって取材していく。第1回となる4月号では、主将の髙島大聖さん(法律3)に今季の展望などについて伺った。


昨年対抗戦Bグループを全勝した同部。入替戦にて日本体育大との一戦に勝利して昇格を果たした。しかし、実際は厳しい展開の試合は多かったと振り返る。メンバー層が厚くないため、けが人が出た際は苦しい状況を強いられることもあったという。それでも結果を残せたのは、3年ぶりの合宿開催や強豪校と試合が実現したこと、4年生によるモチベーションの維持が大きいと語る。


本学ラグビー部の強さは、主にチームの雰囲気の良さに表れている。学年関係なく仲は良好であり、それらが練習中や試合中での発言のしやすさにつながっている。ラグビーでは、選手同士が短時間で気づいた課題を共有し、修正していくことが重要となる。発言のしやすい環境は、こうした修正力に大きな役割を果たしている。プレー面では、バックスの層が厚いことが特徴だ。パスワークが強みであり、安定感のあるプレーを展開している。


そして今季注目の選手についても伺った。まずはFL井上雄太選手(数理経済3)。力強いタックルが強みで、ハンターのようにボールを奪うプレーが見どころだ。そして有望株としてSO菊本有馬選手(法律1)とFL金子颯馬選手(法律2)の2人を挙げた。菊本選手は1年生からスタメンで出場する実力を持つ選手だ。課題のディフェンス面を改善したことで、完成度がより一層高まった。また、金子選手は体重が約90 キロあるにもかかわらず動きが俊敏だ。金子選手については「去年は控えであったが、今年は頑張ってほしい」と期待も込めて語った。


今季の目標は「思い出の舞台にするのではなく、対抗戦Aグループで戦い続けるために、全試合に勝つ姿勢で臨むこと」だと話す。そのために必要なこととして、全員で立ってプレーするラグビーを挙げる。本学にはスポーツ推薦の枠がなく、体格や戦術理解で強豪校に遅れを取る場面が少なくない。不利な状況の中で勝っていくためには、孤軍奮闘ではなくチーム一丸でプレーすることがより必要になってくる。ウエイトトレーニングの回数を増やして例年以上に体づくりに努めるだけでなく、パススキルやコミュニケーションも向上させていく試みが図られているようだ。


今季の意気込みとして「今年は例年と違い、創部100周年という節目の年。今までとは全く違う新しい景色を応援してくれる方々に見せたい」と熱い思いを語った。総勢62人の新たな挑戦に、今後も目が離せない。(中田亘)

0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

Comments


bottom of page