ウィズコロナの実践 満を持して欅祭開催

11月20日、21日に第60回欅祭が開催された。展示や公演の一部には事前入場予約制を導入。さまざまな制約がある中でも盛り上がりを見せた。本記事では、特に活気のあった4つの催しをリポートする。当日楽しんだ人も参加できなかった人も、これを読めば欅祭の様子を感じ取れるだろう。


▼汽車旅倶楽部

汽車旅倶楽部の展示が行われたのは、9号館202教室。室内には部内旅行の写真や旅行記、鉄道グッズなどが所狭しと並んでいた。


2年ぶりの開催ということもあり、展示からは気合が見て取れる。目玉は、開場直前まで時間をかけて組んだ鉄道模型のジオラマだ。部員が制作したミニチュアの建物の間を、多様な車両が駆け巡る。中でも、一般的な模型より大きな「HOゲージ」の迫力は圧巻だ。模型の運転体験のブースは、子どもから大人まで幅広い来場者でにぎわっていた。また、鉄道や美しい景色、グルメなど各所に飾られた旅行の写真は、多くの人の目を引く。部員たちの笑顔が輝いており、記者も旅行に参加したくなるほどだった。他にも、切符を模した入場券、SL運転士風の部員の名札など、随所に工夫が凝らされている。


部長の安藤滉さん(日本文3)は「今回は、成蹊鉄道博物館というコンセプトを設けた。コロナ禍では大人数が集まる展示はできなかっため、久々に行えて良かった」と欅祭開催を喜んだ。(二宮聖司)


▼KEYAKI BAND NIGHT

20日、日が沈み淡く紫がかった夜空の下、新中庭ステージにて中夜祭が開催された。「KEYAKI BAND NIGHT」と題した今回は、FSS、軽音楽部、フォークタウンの3つの音楽団体が全3曲を演奏。新型コロナウイルスの影響により、継続的な活動が難しかったことを感じさせることなく、人々を楽しませた。